避暑地のエレガンスを満喫するホテル in バギオ


Hotel Elizabeth
ホテル エリザベス
b0089690_2252698.jpg
さすがにフィリピン憧れの避暑地バギオ。 こんなにエレガントなヨーロピアン・スタイルのホテルもあるんです。


b0089690_22744.jpg

パンフレットを読めば、その自信に溢れた避暑地ならではの雰囲気を感じることが出来ます。 特に若い女性には、バギオ滞在の間に一泊でも贅沢な一日を過ごして欲しいホテルです。 カップルで過ごすなら最高のホテルになるでしょう。

b0089690_1832426.jpg

バギオの地中海風特選ホテルの贅沢をご体験ください。
エレガントな装飾と細やかな心遣いに溢れた建築様式。
魅了する雰囲気の中での静かな晩餐。

ホテル エリザベスは バギオの緑に囲まれた山の中にたたずみ、ライト・パーク、マインズ・ビュー・パーク、マンション・ハウス、グッド・シェファードなどの観光スポットへも徒歩圏内にあります。

ホテル エリザベスは あなたを癒しの極みへといざないます。
60ものヨーロピアン・スタイルの客室は、きっとあなたに地中海のセンスと、ホテルをやさしく包む松林と山の緑が落ち着いた空気をもたらすでしょう。

b0089690_18344753.jpg
ここまで読むと、確かにエレガントでゴージャスな雰囲気です。
実際、このホテルに足を踏み入れてみると、他のホテルにはない華麗な魅力にとらわれます。



b0089690_2282494.jpg

そこで その宿泊代はどうなのでしょう・・・。

デラックス ルーム      3,800ペソ
エグゼキュティブ スーツ  6,000ペソ
ペント・ハウス スーツ    7,000ペソ (ロフト付 1ベッド・ルーム)
エグゼキュティブ 
ペント・ハウス スーツ  12,000ペソ (3ベッド・ルーム)


b0089690_18384236.jpg
さすがです。 料金にも自信のほどがしっかり入っています。
お洒落な夕食だけにしておきますか?



デラックス・ルームは、シングル(セミ・ダブル)とツインのタイプがあります。
テラスからは松林を通して涼しい風が入ってきます。
b0089690_22114664.jpg
b0089690_22122443.jpg



b0089690_22161610.jpg
バギオのレストランで日本と同じ感覚で食事が出来る処を探すのはなかなか大変ですが、このホテルのレストランなら安心してお薦め出来ます。 

b0089690_2217201.jpg
Tボーン・ステーキ、シーフード・スパゲティ、サラダ、ガーリック・マッシュルーム、ワイン、ジュース、カクテルなどを2~3名でしっかり食べても二千ペソと言うのは、この雰囲気の中で優雅に食事を楽しめることを含めて、実にリーズナブルだと思います。


b0089690_22175820.jpg




(この情報は 2006年6月現在のものです。)
[PR]
by baguionihongo | 2006-06-09 18:29 | ホテル hotel
<< フィリピン バギオ市の地図 B... ラ・ウニオン州 釣り フィッシ... >>