バギオの異次元空間 VOCAS


b0089690_017582.jpg



b0089690_014398.jpg
バギオで、ちょっと変わった 前衛的な芸術の雰囲気を味わいたい方には、是非覗いてみて欲しい異次元空間があります。その名はVOCAS。
このビルのオーナーが芸術家で、バギオはもとよりマニラなどからも訪れる芸術家の為に、ビルの屋上にサロンを造っています。 


b0089690_012273.jpg



本来のビルが4階まで。 屋上の空間に誘う回廊は、既にちょっと怪しげな雰囲気。
彩色豊かな入り口をくぐると、正面にはエキゾチックな建物、左側には屋外風の小劇場、右側にはその舞台を少し遠目に眺める喫茶ラウンジがあり、絵画のギャラリーにもなっています。 ひとくちで言うと、体育館の中に造られた演劇用の大道具の中に入り込んだような感じ。


b0089690_019387.jpg




この小劇場では、時折 文化芸術系の催しが開かれており、日本の国際交流基金が後援したフィリピン大学による日本の伝統芸能である「能」の紹介イベントもありました。
写真の舞台は、ハロウィンの日に、ミュージカル曲などを演奏と歌で披露しているグループの様子です。
b0089690_0205048.jpg


b0089690_0214749.jpg


この空間は、昼と夜の雰囲気がそれぞれに面白く、是非 時間を変えて足を運んで欲しいところです。 昼は内部の芸術作品やテラスや窓外に見えるバギオ大聖堂やバーンハム公園の景色を楽しみ、夜は小劇場で繰り広げられるパフォーマンスをくつろぎながら眺めるのがいいでしょう。
b0089690_025222.jpg


b0089690_0264562.jpg


この喫茶ラウンジにはアルコール飲料はありません。 ですが、夜になんらかのパフォーマンスが公演中には、舞台の左の裾の小さなカウンターの辺りで、ビールを売っていることがあります。
b0089690_028984.jpg

VOCASはバギオの芸術家のたまり場にもなっているそうで、様々なイベントが開かれている際には、多くの常連客が親しげな会話を楽しんでいるようです。


セッション通りを登りつめて、もうすぐSMという辺りの右側、イクイタブルPCI銀行の隣に LA AZOTEA ビルがあります。 一階の左側にはスポーツ用品店、右側にはバッグなどの革製品のお店、二階にはフード・コートなどが入っています。


b0089690_0151664.jpg

[PR]
by baguionihongo | 2006-11-03 00:09 | 文化芸術 in バギオ Arts
<< バギオ関係 リンク集 バギオ・ロング・ステイ - ア... >>