バギオから5時間の秘境 カバヤン村で ミイラに会おう


バギオから比較的近い秘境なら、ベンゲット州のカバヤン村がお薦め。

b0089690_17504263.jpg

小さくて静かな村には イバロイ族ののんびりした生活があります。

この村の役場の広場には こんな絵が。
b0089690_17534546.jpg

この絵をよく見ると、左の方に 洞窟が描かれています。
そして そこには世界中にナショナル・ジオグラフィックのテレビでも紹介された 有名な「ミイラ」が・・・

b0089690_1756148.jpg

そう、この博物館が その「ミイラ」が展示されているところ。
b0089690_1759123.jpg

こじんまりしていますが、良く手入れされた庭園と、展示内容も立派です。
気の利いたカフェのような雰囲気。

その展示されているミイラは、数百年前の推定21歳の女性で、NATIONAL GEOGRAPHICの番組企画の中で、アメリカの大学の教授が関与し、頭蓋骨から顔を復元したものもあります。  残念ながら 写真は撮影出来ません。

このミイラが どこから持ってこられたのかと気になるかたは、30分くらい車で さらに奥地へ、そして10分ほどの山登りをすれば、その現場を見ることが出来ます。
b0089690_1881229.jpg

この大岩が埋葬地なのです。
岩肌に穴が開けられているのが分かりますか?
その中に 棺おけが保管され、ミイラが現代までもたらされたのです。

博物館やこのマミー・ロックを見学するには、役場やバランガイ・ホールで許可を貰わなくてはいけませんので、ご注意下さい。

さて、もうひとつの恐ろしい見学場所なら・・・
b0089690_18131645.jpg

スカルプ・ケイブ(骸骨洞窟)と呼ばれる洞窟です。
ここには、何百個もの頭蓋骨がずらりと並べられています。
戦後、日本兵の遺骨ではないかとの噂があり、東京大学の教授が調査したところ、 五百年ないし一千年前のものであることが判明したそうです。 おそらく、疫病蔓延によるものではないかとの話になっているようです。

このカバヤン村へ行くには、バギオからのバスで 5~6時間。
b0089690_18235879.jpg

b0089690_1824485.jpg

上記の AーLINER や OHIO LINER のバスが あります。

そして、どこに泊まればいいのかと言いますと、
b0089690_18265938.jpg

この カバヤン・コープ・ロッジ しか ありません。
一泊料金は 200~300ペソ程度だそうです。 素泊まりのみ。
食事は近所の食堂でどうぞ。

お土産をお探しならば、 こちらの 織物製品なんか いかがでしょうか。
日系人の女性が、シングル・マザーなどを支援するために NGO団体などと協力しながら仕事をしているそうです。
b0089690_18344239.jpg

場所が分からなかったら 村の人に 「ウィービング・センターは どこ?」と聞いてみましょう。
それでも分からなかったら、 こちらでも手に入ります。


ところで、 
バギオから KABAYAN村へ 行く途中には、アンブクラオ Ambuclao という村があり、 そこには アグノ(Agno)川をせき止めた アンブクラオ・ダムがあります。

b0089690_11291848.jpg

雨季の9月には もの凄い水量で 圧倒されます。

b0089690_1131725.jpg

ダムの上を バギオからカバヤン行きのバスが走ります。

b0089690_11322323.jpg

そして、ダム湖は 雨季のため満水。
墨絵のような光景が広がります。

b0089690_11335962.jpg

ダム湖で獲れたテレピアを売っていました。 太っていて美味しそうです。

b0089690_1156919.jpg

ダムの下は 山々が重なる谷間をアグノ川が流れていきます。

b0089690_1148720.jpg

ダムの上から下流を眺めると 右下に発電施設があるのですが・・・・
今は 保守が出来ず 発電は止まったままだとか。
なんの為のダムなのか・・・・。 いろいろと日本からの支援にも問題山積のようです。

b0089690_11512532.jpg

そして、 ダムからカバヤンへ向う道筋には、このようなダム湖が広がります。
山々は延々と続き・・・。


バギオからのルートとしては、
BAGUIO - AMBUCLAO - GURREL - BOKOD - KABAYAN 
とバスなどが走ります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この身近な秘境ツアーは、佐藤国際ラーニング・センターでもお手伝いいたします。
4WDの車をグループでお使いになれますので、詳しくはお問い合わせ下さい。

(お断り: この情報は 2007年9月現在のものです。)
[PR]
by baguionihongo | 2007-09-03 18:00 | 世界遺産&秘境World Tres
<< Kisad通りから入ったモンテ... フィリピン 北ルソンの世界遺産... >>