アート・ギャラリー と ベジタリアン・カフェ VOCAS 

 
バギオでアーティストの溜まり場と言えば、
セッション通りのラ・アゾテア・ビルの最上階にある 
VOCAS (あるいは OH MY GULAY) と
バギオ市役所前の カフェ・バイ・ザ・ルインズ、
そして ラ・トリニダッドに行く途中にある
タムアワン芸術村、でしょうか。
b0089690_1503023.jpg

こんな穴倉風のギャラリーをくぐったり、
b0089690_1522026.jpg

バギオのバーンハム公園を見下ろす、ちょっと和風の板張りの床があったり、
b0089690_1542061.jpg

そして、今日は こんなアートの展示をやっていたり、
b0089690_1553190.jpg

これは木彫りの靴やサンダルですね。
b0089690_156468.jpg

おお、凄い! 
b0089690_1575677.jpg

で、ここの経営者は だれかと言いますと・・・・
世界的に有名な キドラット・タヒミック映画監督です。

監督の署名入りの貼紙には・・・
「オー・マイーグーライ(お店)の中では、何も注文しなくても、ただブラブラしていても、問題ありません。」
と書かれています。

ところで、 「グーライ」とは 「野菜」のことです。
[PR]
by baguionihongo | 2008-12-07 15:19 | 文化芸術 in バギオ Arts
<< バギオの散歩道 ~ サウス・ド... 特訓コース開講中 Intens... >>