カテゴリ:楽しむ Enjoyment( 17 )

「伊達な七夕、不楽是如何!」 仙台流七夕祭りはバギオの年中行事

バギオ市では、毎年7月から8月にかけて「日比友好月間」のイベントが開催されています。

「仙台流&コスプレ」を特徴とする「バギオ七夕祭り」のプロモーション・ビデオが9月に
発表されました。 (制作:北ルソン日本人会)
https://www.youtube.com/watch?v=b6o0OzOFAuo
  

2015年の主なイベントのスケジュールは下の通りです。
(正式のポスターは7月に出来るそうです。)
b0089690_01737.jpg


バギオ市の七夕祭りは、北ルソン日本人会、日系人会である北ルソン比日基金(通称:アボン)、バギオ博物館、地元の高校生、大学生、その卒業生などで作られたコスプレ、アニメ、マンガ、ゲーム、アートの団体グループなどが協力して実施されています。

又、七夕祭りを含む日比友好月間の行事は、バギオ市の条例で恒例行事として定められていますし、日本国大使館、国際交流基金、JICA、シネマテック・バギオ、5つの有名大学などとの協力で、日本映画祭や日本関係の展示などが7月から9月にかけて開催されています。

詳しくは 北ルソン日本人会(JANL)のサイトでご覧ください:
http://janl.exblog.jp/21332028/


尚、この記事のタイトルにありますように、
バギオ市の七夕祭りは 日本一の七夕で有名な宮城県仙台市の七夕をお手本にして、仙台流の七夕飾りを地元の若者たちが作っています。
さらに、2014年からは、伊達政宗と七夕祭りの繋がりを、さまざまにイメージして、テーマとしているそうです。

b0089690_0242790.jpg


この時期にバギオに滞在される方は 参加されてはいかがでしょうか。
日本人のボランティアも募集しているそうです。



  
  
  
[PR]
by baguionihongo | 2015-06-14 00:08 | 楽しむ Enjoyment

バギオ フラワーフェスティバル & ストロベリーフェスティバル 2014 日程表

フィリピン・バギオ市の最大のイベントは 「バギオ・フラワー・フェスティバル」
BAGUIO FLOWER FESTIVAL, PANAGBENGA
2014はすでに終了しましたが、毎年 2月1日からおよそ一カ月の期間開催され、
最も観光客を集めているのは 毎年 2月の最終土曜日・日曜日の二日間で、
土曜日はダンシング・パレード、日曜日はフラワー・フロート(花車)パレードと決まっています.
その後、一週間は 目抜き通りのセッション通りが歩行者天国となり
多くのテントのお店が並び、観光客でにぎわいます.

ご参考までに、2014年の日程表を掲載します.

又、その後のバギオ周辺での一大イベントは、隣町ベンゲット州の州都である
ラ・トリニダッド町での 「ストロベリー・フェスティバル」(いちご祭り)です.
これも2014年の日程表を参考までに掲載します.

b0089690_1532579.jpg


b0089690_1533317.jpg


是非、この二つのイベントを存分にお楽しみください・・・




                



              
   
[PR]
by baguionihongo | 2014-03-06 15:34 | 楽しむ Enjoyment

日本以上の豪華なクリスマスを過ごすのなら バギオの Camp John Hay

フィリピンは 皆様ご存じのとおり、アジアの中で最大のキリスト教国。
クリスマス・シーズンは 9月から始まると言われるほどに、国中がクリスマス一色になります。
b0089690_126378.jpg


そのようなフィリピンの中でも異色を放ってアメリカンなクリスマスを体験できるのが
フィリピン人憧れの避暑地バギオでしょう。
b0089690_1295047.jpg

もちろん雪だるまは冷たくはありませんが、この時期のバギオは「冬」。
美しいイルミネーションの中で、特別な人と 特別なクリスマスはいかがでしょう。

b0089690_12131729.jpg

バギオの中でも、キャンプ・ジョン・ヘイの中にある マノール・ホテルのクリスマスは
その豪華な雰囲気では 日本のそれをしのぐものになっています。

b0089690_1215971.jpg

広くて素晴らしい庭園を眺めながらの 豪華なクリスマス・ディナーは 特別な思い出を残してくれることでしょう。

b0089690_12173971.jpg

マノール・ホテルのクリスマスは、もしかしたら クリスマス・シーズンを過ごすためだけに
日本からバギオを訪れる価値があるものかもしれません。


b0089690_1220361.jpg

12月20日から新年の1月1日までの連日、特別企画のイベントが目白押し。
中にはコスプレ・ショーもあるようです。

b0089690_1222721.jpg

これが ランチやディナーの料金。
日本だったら ?万円になりそうなものが、フィリピンなればこその2千円程度。
24日と25日は その2倍になるとはいえ、この料金で日本よりも何倍もの楽しみがありそうです。

バギオに滞在中の皆さんには、一度経験されることをお薦めします。
幸せなクリスマスになること請け合いです。


詳しい情報は 直接 マノール・ホテルにお尋ねください。


http://www.campjohnhay.ph/

このシーズンには、マニラの富裕層が大挙してバギオに登ってくるそうですので、
ディナーなどは予約されるのが安心かと思います。


(2012年12月現在の情報です。)


    


 
 
 
 
   



   


   




   



    
    
[PR]
by baguionihongo | 2012-12-20 12:12 | 楽しむ Enjoyment

フィリピン映画 - 古典や傑作を - Baguio Cinematheque

フィリピンの大統領府直轄の映画館が バギオ市にあります。

フィリピン映画制作協議会(FDCP)のバギオ・シネマテックです。

b0089690_0154518.jpg


ここでは、フィリピン映画のクラシックなものや、インディーズ(自主制作)を紹介し、
フィリピンの映画産業を育てようというものです。
b0089690_0221565.jpg


「フィリピン人のフィリピン人によるフィリピン人のための映画」を目指しているようです。
又、たまには、国際文化交流事業として 海外の映画の紹介もしているそうです。

b0089690_0234830.jpg


FDCPは フィリピン全土の地域ごとに このシネマテックを計画しているそうですが、
なんと、バギオ・シネマテックこそが その第一号となったそうです。


もっと詳しくは、こちらのサイトでご覧下さい。
http://janl.exblog.jp/15512491/

 
b0089690_0261331.jpg

 

こちらの映画館は 政府の施設ですので 基本的には無料で上映しているようです。
 
 
 
 
 
    
   
   
   
  
  
    
 
 
 
 
 

   
[PR]
by baguionihongo | 2012-06-08 00:27 | 楽しむ Enjoyment

バギオ バーンハム公園の遊び方 意外と楽しい・・・


フィリピン・バギオ市のど真ん中にあるバーンハム・パーク。
日本のいろんなテーマパークなどと比べるのはおこがましいのですが、
これがやってみると意外に楽しいものです。

b0089690_061685.jpg

バギオ市役所から階段を真っ直ぐに下りていきますと、新しく出来たばかりのバラ園が・・・
b0089690_074218.jpg

市役所側からバーンハム公園を望むと、このように立派に整備されました。
b0089690_093188.jpg

木陰でのんびりとおしゃべりを楽しんでいる人たちもいます。

b0089690_0102726.jpg

さらに歩いて行きますと、正面に人工湖があらわれます。

b0089690_0113049.jpg

ここで、ボートを浮かべて 子供心に戻ってみるのもいいかもしれません。
向こうの丘の上に見えるのは、SMバギオのモールです。

b0089690_0131685.jpg

人工湖の真ん中にある噴水の防護柵に 記念のサイン・・・
もしかしたら、なにかいい事があるかもしれません。

b0089690_0155663.jpg

ちょっと運動したい向きには、レンタ・サイクルは いかがでしょう。
b0089690_017449.jpg

狭い範囲しか走れませんが、バーンハム公園をゆっくり廻るのも気分転換になるでしょう。

b0089690_0192158.jpg

素朴な遊びですが、お時間があったら試してみると 新しい発見につながるかもしれません。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
    
   
  
  
 

 
フィリピン バギオ 中央公園 ボート 自転車 レンタル バラ園 人工池 バギオ市役所 
[PR]
by baguionihongo | 2012-03-06 00:22 | 楽しむ Enjoyment

バギオから1時間 - 波のプールが楽しい Kultura

Kultura Splash Wave という楽しいプールの遊園地が、バギオから車で1時間のPUGOに出来ました。

b0089690_02458100.jpg

バギオからマルコス・ハイウエイを下ること約1時間。
PUGOの交差点よりも手前の右側に このような門が見えてきます。
b0089690_0285570.jpg

b0089690_0293127.jpg

海からは離れているのですが、プールを中心とした施設はかなり充実しています。
b0089690_0314949.jpg

さて、入場料は:
b0089690_0311515.jpg


どんな施設があるのでしょうか:
b0089690_0334124.jpg

b0089690_0345175.jpg

b0089690_0353243.jpg

そして、一番人気の 波のプールは これです。
b0089690_0364524.jpg

b0089690_0373686.jpg


他にはこんな附属施設もあります。
b0089690_041277.jpg

レストラン、コンビニや御土産物屋もあります。
食事や飲み物の持ち込みはチャージがかかりますので、ご注意下さい。 
お酒なども売ってありますので、ニッパハットの小屋で大人もゆっくりできます。

b0089690_0443832.jpg

ニッパハットの他に、しっかりしたホテルのような宿舎もあります。
b0089690_0462157.jpg

魚に足の角質を食べてもらう、というちょっとくすぐったい体験も出来ます。
足がつるつるになってびっくりです。

さて、場所を確認しておきましょう。
b0089690_0504136.jpg


b0089690_0523528.jpg

清潔感のある充実した施設で楽しむのなら、ここはお薦めです。


もっと詳しくは ホームページでどうぞ:
http://kulturasplashwave.com/
雨の日でも、ここなら安心して楽しめます。









     





















フィリピン バギオ Kultura Splash Wave  リゾート プール マルコスハイウエイ ホテル
[PR]
by baguionihongo | 2011-10-12 00:37 | 楽しむ Enjoyment

バギオ フラワー・フェスティバル 2010

2010年2月27日(土)と28日(日)の二日に渡って、バギオ・フラワー・フェスティバルのメイン・イベントであるパレードが行われました。

b0089690_00642.jpg

その中でも 一番人気は やはり花車が練り歩く 二日目のパレード。

b0089690_014622.jpg

今年は もう景気が回復したのかと思わせる出し物が ぞくぞく。
b0089690_031284.jpg

そして、やっぱり これも出番ですね。
b0089690_03542.jpg

一番 観覧席が沸いたのは これ。  テレビ局の山車。
b0089690_043874.jpg

ブラス・バンドも嗜好を凝らして・・・
b0089690_062773.jpg


b0089690_0204055.jpg


b0089690_02139100.jpg
今年の「トリ」は 子供たちに超人気の これでした。

観客席は 朝の6時過ぎには 超満員。 8時スタートですが、早朝からの席取り合戦が繰り広げられます。

b0089690_08474.jpg

ちょっと出遅れると、こうなります・・・
b0089690_0112540.jpg

特等席の 近くのビルの中も こんな感じです。
b0089690_0121210.jpg

b0089690_0122738.jpg


バギオのフラワー・フェスティバルの 1日目のダンスのパレードはさほど混みませんが、二日目の花車のパレードをご覧になる方は 場所の確保にご注意下さい。

ちなみに、パレード・スタートの1時間前には 沿道は人でぎっしりとなり、道路を渡ることもままならなくなります。 二時間前でもほとんど埋まっていますので、人気の高さには驚くばかりです。

3時間前の 早朝5時ころには席取りが始まっているようです。

尚、2010年のこのパレードは 9時半には終了しました。




   
[PR]
by baguionihongo | 2010-03-01 00:09 | 楽しむ Enjoyment

歴史的建物 ドミニカン・ヒル と 巡礼の地 ミラドル・ヒル

 
バギオは そもそもが避暑地として アメリカ統治時代に開発された 計画都市です。
日本でしたら 軽井沢のような所でしょうか。
ですから 観光地としてのスポットは これと言ったものがありませんが、バギオの歴史に触れ、展望も楽しみたい方には こちらが良いかもしれません。

b0089690_1142837.jpg

ドミニカン・ヒルと呼ばれる丘の上に 元々は 修道院のサナトリウム(療養所)があったのです。
b0089690_1144342.jpg

その後 ディプロマット・ホテルとなりましたが、1990年のバギオ大地震で崩壊。 それ以降は 荒れ放題の建物となっていました。
b0089690_115223100.jpg

今は、バギオ市の管理になったそうで、一般に公開されています。
b0089690_11543464.jpg

昔の修道院サナトリウムの面影が残っている廃墟。
b0089690_125244.jpg

屋上に登って、バギオ市内を見下ろすことも出来ます。
b0089690_1274472.jpg

「バギオ歴史の丘」「祈りの山」とでも言えばよいのでしょうか。 今後バギオ市が観光スポットとして開発する計画があるとのことです。

b0089690_1285961.jpg

そして、 このドミニカン・ヒルを 下って行くと、 ミラドル・ヒルがあります。
b0089690_12103054.jpg

参道の階段を 一番上まで 登ると、 ローデス・グロット(マリア洞窟)があります。
b0089690_12115338.jpg

ここは、カトリックの聖域となっています。

尚、この場所は、バギオ市の中心から、 ナギリアン道路に入ったすぐの所から左に折れ、タクシーなら数分の地点にあります。
ぶらりと半日時間を過ごすには 便利な場所にあります。
 
 
(この情報は 2009年3月現在のものです。)

 
 

 
[PR]
by baguionihongo | 2009-03-23 11:59 | 楽しむ Enjoyment

ラ・トリニダッドの いちご祭 - Strawberry Festival


バギオの隣町、ベンゲット州の州都である ラ・トリニダッドでは、 2009年3月8日から23日まで 毎年恒例の 「いちご祭」 Strawberry Festival - La Trinidad, Benguet が 開催されています。

b0089690_1422582.jpg

ラ・トリニダッドの町役場に掲げられた 日程表です。

詳しくは こちらの SUN STAR 新聞サイトで ご確認下さい。
http://www.sunstar.com.ph/baguio/town-launches-strawberry-fest-09

叉、 ラ・トリニダッド町の公式サイトは こちらです。
http://latrinidad.gov.ph/Festival.html

期間中の最大のイベントは 3月18日のパレードと Owikと呼ばれるお祭で、
夜には花火大会もあるようです。
The main program will be on March 18, which would include a Civic and Float
Parade followed by a 2009 Cultural Presentation or "Owik" that would end in
an extravagant presentation of fireworks.

 
毎年、バギオのフラワー・フェスティバルに引き続いて 開催されている
ラ・トリニダッドの「ストロベリー祭り」 も是非 お楽しみ下さい。

 
[PR]
by baguionihongo | 2009-03-11 14:33 | 楽しむ Enjoyment

バギオ フラワー・フェスティバル Panagbenga 2009

 
第14回 PANAGBENGA 
バギオフラワー
フェスティバル
2009 

のアナウンスがされました。

b0089690_23251972.jpg

バギオ・ミッドランド新聞から

この記事によりますと、

2月1日から1ヶ月に渡って 様々なイベントが、バーンハム公園やその隣のメルビン・ジョーンズのグラウンドを中心に実施され、 
グランド ストリート ダンシング パレード は 2月28日の朝、 そして、
グランド フロート(花車) パレード は 3月1日の朝、 セッション通りから アスレティック・ボール(ハーンハム公園の隣)まで となっています。

叉、 セッション通りが歩行者天国となって出店が並ぶ「セッション・イン・ブルーム」は 3月2日から8日までと予定されています。

詳しくは Panagbenga バギオ・フラワー・フェスティバル財団のサイトでご覧下さい。
http://panagbenga.tk/

尚、 フラワーフェスティバルを含む バギオ100年祭の2009年間行事予定は バギオ100年祭委員会の公式サイトで ご覧下さい。
http://www.baguiocentennial.com/?page_id=290
 

佐藤国際ラーニング・センターは、 セッション・イン・ブルームの 3月2日から8日までの期間は、日本語学校は休校となり、 北ルソン日本人会(Japanese Association in
Northern Luzon = JANL) の主催による 「日本茶店・雛祭り」の会場となります。

お客様のご来場をお待ちしております。
[PR]
by baguionihongo | 2009-01-18 23:37 | 楽しむ Enjoyment