カテゴリ:戦跡慰霊 Historical M( 4 )

バギオ近郊での戦跡・戦没者慰霊


ラ・トリニダッドからさらに北へむかうボントック道路(ハルセマ・ハイウエイ)の 21キロ地点には 小さな十字架の慰霊碑があります。
21Kの慰霊碑 です。


ここが ボントックへ向うハイウエイの入り口です。

b0089690_2312733.jpg


ハイウエイの入り口から 20分程度北へ進んだところ、道がカーブしているところに こんな小高い丘と 道路の右側にお店が 見えてきます。
この店の右側に 昔「山下道」と呼ばれた 未舗装の道があります。

b0089690_2345691.jpg


これが その十字架です。
遠くに 山々が連なり、戦時中の激戦の地を望むことになります。
この写真の右側の方が バギオの方角です。
b0089690_239385.jpg


これは、十字架の裏から見た写真です。
b0089690_23122224.jpg



バギオの日本軍が陥落した後、アンブクラオからインチカク、カバヤン方面への撤退の道筋に関しては このサイトで紹介されています。


叉、ボントック道方面での 盟兵団の記事については こちらへどうぞ

虎兵団については 詳しい記事が見つかりません。 Wikipedia で検索をお願いします。



キャンプ3 や ラ・トリニダッドの慰霊碑については、 次のページをご覧下さい。
[PR]
by baguionihongo | 2007-10-19 23:05 | 戦跡慰霊 Historical M

バギオ近郊での戦没者慰霊


バギオの北隣の町は ラ・トリニダッドです。
ラ・トリニダッド の慰霊碑 は ベンゲット州の州都である ラ・トリニダッドの州庁舎を正面に見て、その前を右側に登っていきますと、ボントック道路につながります。
州庁舎から車で数分程度登った道から左前方に入る道がありますが、ここにバリクタンという名前の日系人(加藤氏)の方の家があります。 
その敷地内に数基の慰霊碑が建立されています。

b0089690_12371862.jpg

この一番大きな慰霊碑は、シスター海野などが中心になり、バギオ周辺山岳地帯にバラバラに残されていた遺骨を集め、慰霊したものと言われています。

他には、個人、グループなどでの慰霊碑が 同じ敷地内にあります。
b0089690_12445381.jpg


b0089690_1248616.jpg


b0089690_12545939.jpg


b0089690_12591100.jpg



尚、この慰霊碑は 個人の敷地内にありますので、必ず バリクタン氏のご了解を取って慰霊されるようお願い致します。


ボントック道路の21キロ地点の慰霊碑は 前のページをご覧下さい。
キャンプ3の慰霊碑は 次のページにあります。
[PR]
by baguionihongo | 2007-10-19 12:38 | 戦跡慰霊 Historical M

バギオ近郊での戦跡を訪ねて


バギオ周辺には 第二次世界大戦で亡くなられた日本人の皆様の 慰霊碑を見ることができます。 ここでは、 バギオへ登るケノン道路(ベンゲット道路)のキャンプ3、バギオの隣町ラ・トリニダッド、及び ボントック道21キロ地点の慰霊碑をご紹介します。

キャンプ3の慰霊碑は、
マニラからバギオへ向う場合、山岳道路であるケノン道路の麓を少し入ったところにあります。 (バギオから下る場合は車で1時間前後です。)

ケノン道路を登ってくると、このような橋があります。 
b0089690_1231690.jpg


この橋を渡って、右にカーブしたところに この慰霊碑が道路の右側にあります。
b0089690_12105318.jpg


この慰霊碑は 鹿児島歩兵第七十一連隊会 が建立したものです。
b0089690_122433.jpg



なお、この慰霊碑は大変立派なものですが、 その維持費の問題が出ているそうです。
建立に力を尽くした日本の遺族会の高齢化などによって、地元への管理費などの支援が途絶えているとの話を聞いております。

もし、ここに慰霊される方がいらっしゃいましたら、日常的に清掃・管理などをやっている地元の善意の管理人への 寸志の提供が望まれます。


前のページに ラ・トリニダッドの慰霊碑を載せています。


(尚、この慰霊碑訪問の3箇所の写真は、日本から個人的にバギオを訪問されたご兄弟の依頼により、佐藤国際がガイドをした際のものです。 2007年2月の撮影です。)





[PR]
by baguionihongo | 2007-10-19 12:04 | 戦跡慰霊 Historical M

Baguio Botanical Garden 植物園 そして・・・

ライト・パークへ向う Leonardo ロードの右側に 無料のバギオ植物園があります。
b0089690_21382076.jpg

入り口では 山岳民族のイゴロット族の衣装を着た お婆さんたちがいます。
記念に写真でもいかがですか? お婆さんたちへは チップを。

b0089690_2140249.jpg

夏休み最後の土曜日を惜しむように、結構 観光客も来ています。
b0089690_2141471.jpg

この公園は 名門ゴルフ場に隣接しており、昔から森林公園だったそうです。


そして、この植物園の左手奥に ひっそりとあるのが・・・・
b0089690_2146411.jpg

人が腰をかがめて入っていけるほどの 洞穴。

ここは、第二次大戦中 日本軍が司令部を置いた 洞穴だそうです。
バギオの中でも あちこちと 司令部が動いたようですが、この洞穴は バギオ陥落の最後の司令部だったと言います。
b0089690_2149756.jpg


中を覗いてみると、入り口すぐで 二手に分かれ、それぞれが 又 二手に分かれているように見えます。
司令部があったそうですので、奥はかなり深いのではないでしょうか。

戦跡慰霊の旅をなさる方には、この植物園で つかの間の安らぎも。
[PR]
by baguionihongo | 2007-05-26 21:43 | 戦跡慰霊 Historical M