カテゴリ:ホテル hotel( 11 )

バギオ Camp John Hay の中の フォレスト・ロッジ・Forest Lodge ホテル

フィリピン・バギオと言えば 元々は米軍の家族の為の保養地であった キャンプ・ジョン・ヘイが その素晴らしい環境と施設で有名です。

ホテルとしては、マノール・ホテル(Manor Hotel)が有名ですが、そのすぐ隣にある静かな FOREST LODGE(フォレスト・ロッジ)も見逃せません。

b0089690_14532515.jpg

バギオ・キャンプ・ジョンヘイ敷地内の地図 Map of Forest Lodge, Camp John Hay, Baguio


地図にあるように、建物はマノール・ホテルに隣接して建っていますが、入り口はぐるりと廻ったところにあります。

b0089690_14555039.jpg

宿泊料金はこちらのパンフレットにありますが、最新の情報は、下記のホームページでご確認ください。

http://campjohnhayhotels.ph/

b0089690_1504228.jpg

ロビーは 広くゆったりとしています。
このフォレスト・ロッジは、建物の中のユニットの多くは個別に販売されており、個人の所有者が避暑リゾートとして使っていて、一部がホテルとなっているようで、派手さはありませんが、マノール・ホテルよりも落ち着いた雰囲気です。

b0089690_154199.jpg

ご家族で静かに過ごすには、もってこい。
隣接する マノール・ホテルへも徒歩で簡単に移動できますので、イベント、食事、買い物にも便利です。

b0089690_1562593.jpg

マノール・ホテルの料金は 5,700ペソから13,100ペソとなっていますが、
こちら フォレスト・ロッジの一泊料金は 2,900ペソから5,400ペソとお得な料金になっています。
(2013年3月現在)

b0089690_15143841.jpg

ジョンヘイの中でも 穴場的なホテル。
b0089690_15151333.jpg

b0089690_15153193.jpg


バギオの中でも最高の環境を満喫するなら、ここがリーズナブルかと思います。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     



     

philippine baguio city camp john hay manor hotel forest lodge restaurant cofee shop
[PR]
by baguionihongo | 2013-03-16 14:58 | ホテル hotel

バギオに 親子でも安心して泊まれるシェア&ゲストハウス TALA

2013年2月末に、下記のゲスト・ハウス「TALA」がオープンするそうです。


親子でも安心して泊まれる
シェア&ゲストハウス
TALA

http://www.tala-guesthouse.org/

b0089690_2254418.jpg


ルソン島北部の松林に囲まれた標高1500メートルの避暑地バギオ市に、
親子や年配の女性お一人でも安心して中・長期滞在できる保養シェアハウスがオープンします。
場所はマンション・ハウス(Mansion House)、マインズ・ビュー(Mines View)、ライト・パーク(Wright Park)、グッド・シェパード(Good Shepard)など、
バギオ随一の観光名所から歩いていける一等地。
周囲を松に囲まれたちょっとクラシックな青い三角屋根のシェア&ゲストハウスです。
シェアハウスなので、町の市場で食材を買って共有キッチンでお料理もできます!  
b0089690_2261187.jpg


また、だれでも使える洗濯機も備えています。
中期・長期滞在のお客様には、英語の家庭教師(大人・子ども両方可)や乗馬レッスン、親子滞在の方にはベビーシッターのご紹介も。 
高原の避暑地・バギオでの滞在。静かな環境でリラックスしながら、新しい体験と英語のスキルアップを目指してみては!?
ゲストハウス TALAでは、1泊のツーリストから3か月の長期滞在までのお客様を、
ドミトリールーム(4人部屋・男女別)から個室(4室)まで様々なお部屋タイプでお迎えしています。
b0089690_2264583.jpg



シェア&ゲストハウス「タラ」の特徴


●子供連れが楽しめる多目的で広い共有スペース。
●英語が苦手な年配者でも安心な日本人スタッフのサポート。
●シンプルだが日本人の価値観に即した清潔で明るく快適なお部屋。
●涼しいバギオでは欠かせない熱いシャワー
●親子連れや長期滞在者にうれしい共有キッチン
●中・長期滞在にうれしい備え付けの洗濯機(全自動)
●雨期には欠かせない乾燥機備え付け(有料)
●普通の「旅」以上のことをしたい人のためのサポート。(大人向け、子供向け英語レッスン、乗馬レッスンなど)
●短期の一般ツーリストから3か月の長期滞在まで、さまざまな目的で滞在するお客様に対応。
●コーディリエラ山岳地方の文化や自然に関心のある方の旅のサポート。


ゲストハウス「タラ」はこんな方におすすめです

●日本からの親子連れ
放射能による健康被害に不安を抱く母親(もちろん父親もOK)と子供さん。キッチン付きのシェアハウスなので、新鮮で安全な地元の食材でお母さんが子供たちのために日本食の食事を用意することができ、備え付けの全自動洗濯機で洗濯をすることもできます。シングル、ツイン、ダブルのいずれかの個室がおすすめです。

●英語を学びたい年配者
英語留学をしたいと思っていますが、ステイ・イン型の外出禁止の学校での若者との同居生活に食事などの面でも不安のある年配の方。家庭教師によるレベルに合った指導が受けられます。個室がおすすめ。

●親子英語留学
ベビーシッターを雇ってお母さんも英語のレッスン。子供たちも英語の早期教育を受けられます。休暇を兼ねて英語を学ぶことができます。

●バギオでの英語学校での留学を終えた学生
英語学校での留学を終え、学校を出てしばらく滞在を延長したいという若者。本格的に長期滞在するにあたってアパートが見つかるまでの仮の宿としての滞在。格安なドミトリーがおすすめ。

●日本からのスタディツアーの学生
コーディリエラ・グリーン・ネットワーク(CGN)の植林、フェアトレードなどの活動や、山岳地方の先住民の伝統文化や暮らし、世界遺産の棚田、または第二次大戦の歴史遺産訪問などを目的としたスタディツアーに参加する日本の学生。屋根裏グル―プルーム、ドミトリーがおすすめ。

●在マニラの日系NGO、留学生など
CGNの活動や山岳地方の自然や伝統文化に関心のある在マニラの日系NGOの職員、インターン、大学留学中の旅行、研究課題の調査など。

●日本からの研究者、NGO関係者など
CGNの活動に関心のあるNPOの職員、大学留学中の旅行、研究課題の調査など。

●一般の各国からのバックパッカー
日本を含む様々な国のバックパッカー。格安なドミトリーがおすすめ。

●一般のフィリピン人&日本人ツーリスト


[お部屋]

宿泊のために4つの個室と2つのドミトリールーム(女性、男性別)、グループ・ルームが一つあります。

① ツイン・ルーム(シングル・ベッド2台)
大人お二人用。シングル・ルームのお客様とバスルーム共有。

② ダブル・ルーム(クイーンサイズ・ベッド1台)
カップル、あるいは大き目のお子さんとの添い寝される方用。
シングル・ルームのお客様とバスルーム共有。

③ シングル・ルーム(セミダブル・ベッド1台)
小さなお子様との添い寝可。
ダブル、あるいはツイン・ルームのお客様とバスルーム共有。

④ ドミトリー・ルーム(二段ベッド2台の4人部屋 男女別)
グループ4名でプライベートで利用可。ドミトリー内にバス・ルームあり。

⑤ 屋根裏お布団ファミリー(グループ)ルーム
フロアリングの床の上に直接お布団をしいてお休みいただきます。
家族連れや、グループでの利用になります。最大大人5人まで。バス・トイレ付き。
b0089690_2272776.jpg



[共有スペースについて]

●1階に共有のキッチンとダイニングテーブルがあり、ガス台、冷蔵庫、炊飯器、一般的な鍋、フライパン、やかんと基本の調味料(塩、こしょう、砂糖)、調理用具、皿、コップ、スプーンとフォークなどを用意していますので、ご希望の方はご自由にお料理ください。
●2階のベランダに共有の洗濯場があり全自動洗濯機がありますので、ご自由に洗濯下さい。
(洗剤はご用意ください。隣のサリサリストア(とりあえず生活に必要な最低限のものは売っているいわばフィリピンの下町コンビニ)でも販売しています)
●2階のベランダに乾燥機があります。有料でご使用いただけます。
●共有のリビング・ダイニング・ルームには日本の絵本や日本語の本があり、宿泊者の方はどなたでもご自由に読むことができます。
●1階と2階の共有スペースには、セルフサービスのフリー・コーヒー、フリー・ティーがあります。


[設備とサービスについて]

●すべてのバスルーム(全5つ)にホット・シャワーが付いています。
●日本風に入口で靴を下駄箱に入れ、ハウス内ではスリッパを着用いただきます。
●共有スペースも含め全室禁煙です。おタバコをお吸いの際は屋外の喫煙スペースでお願いいたします。
●WIFIが全お部屋で使えます(準備中)。パスワードはスタッフにお訪ね下さい。
●複数日程滞在の場合は、スタッフにリクエストいただければシーツ、枕カバーの替えをお渡しします。
●門限は夜11時です。
●友達の出入りは共有スペースまでと制限させていただきます。客室へのお立ち入りはご遠慮ください。
●バスルームはすべて共有です。石鹸、シャンプー、リンスなどの備え付けはございません。
●歯ブラシ、タオル、パジャマなどの備え付けもございませんので、お客様自身がお持ちください。


[その他のサービス](有料)

●母親向け、あるいは子供向けの英語の家庭教師レッスンを提供します。
●ライトパークでの乗馬レッスンを受講できます。
●ランドリーサービスを承ります。
●ベビーシッターをご紹介します。
●山岳地方の旅のガイドを紹介します。
●マニラからの送迎車両を手配します。
●バギオ市内移動や、山岳地方の旅のためのレンタカーを手配します。
●コーディリエラ・グリーン・ネットワークのエコ活動に優先的に参加できます。
●短期滞在のお客様にはご予約いただければ朝食をご用意いたします。(準備中)
●在バギオの作家によるアートワークショップ、演劇ワークショップ、竹楽器作りワークショップ、民族ダンスワークショップ(英語)などをアレンジいたします。
●フィリピン国内でのみ使用できる携帯電話を貸し出します。(準備中)
●短期滞在ビザの延長をサポートします。


[スタッフについて]

●日本人マネージャーが日中は建物内におります。
●フィリピン人スタッフが最低1名、夜間も常駐しておりますので、緊急の時はいつでもご連絡ください。
●時期によっては日本人スタッフが夜間も常駐しております。
●夜間常駐の日本人スタッフがいない場合、緊急時は夜間でも電話にて日本人スタッフに日本語で連絡できます。
●日中は1階のCGNオフィスにもスタッフがおりますので、何なりとお声をおかけください。


[ 宿泊料金]
(1泊当たりのペソ建て)

シングル       1,200p
ツイン&ダブル 1,600p
ドミトリールーム 一人600p
グループ・ルーム(布団部屋) 一人600p
(2013年2月8日現在 1ペソ=2.28円)
宿泊日数に応じて割引があります。

※シングルルーム、ツイン&ダブルルームには、エキストラ・ベッド(シングルのみ)を追加する場合は、お一人様500ペソの追加料金がかかります。
※小学生以下の添い寝のお子様に関しましては追加料金はかかりません。
※ドミトリー、グループルームでの滞在は基本的に2週間までとさせていただきます。
※個室での滞在は三カ月までとしております。それ以上の滞在についてはご相談ください。
※上記の割引は滞在日数を予約時に事前にお知らせいただいた場合に適応されます。
※滞在日程を短縮されたい場合は、早めにスタッフにお知らせください。
※滞在日程をお客様の都合で短縮された場合は、宿泊された日数に応じた割引率で清算させていただきます。
※1週間以内の滞在は、現金による前払いでお願いしています。
※1週間以上の滞在に関しては、1週間ごとに前払いでお支払いください。
※1か月以上の滞在については、1か月ごとに前払いでお願いいたします。端数日数についてはご相談に応じて清算いたします。
※クレジットカードでのお支払いはお受けしていません。
※フィリピンペソでお支払いください。日本円、ドルでのお支払いはできません。
b0089690_2275830.jpg



[アクセス]

住所:25 J.Felipe Street, Gibraltar, Baguio City,2600、Philippines
Gibraltar Street からHotel Elizabethの角を右折してJ.Felipe St
に入って100mほど先の右手・青い三角屋根の家です。
白いゲートを入てすぐの右手脇のゲートを開けて、赤い階段をどんどん降りて行った踊り場がゲストハウスの入り口になります。
b0089690_122441.jpg



[ ご予約・お問い合わせ先]
Cordillera Green Network Inc.
14D General Lim Street,Baguio City,
2600, Philippines,
Tel:74-423-0839
Cel:0910-268-4337(Akari Guilingen) / 0928-521-8124(Mariko Sorimachi)
/ 0946-899-5932(Renato Guilingen)

シェア&ゲストハウスの名前「タラ」について

「タラ(TALA)」は、コーディリエラ山岳地方のカンカナイ族の人たちが、命と同じくらいに大事している田んぼを守ってくれると信じている小さな茶色い鳥の名前です。
稲穂が実る時期になると大事な大事なお米をついばみに来るマヤ(雀)をタッタッタッタと鳴いて追い払ってくれるのが「タラ」だそう。
タラが鳴くと雨期の終わり、夏の到来のしるしとも。
先住民の村でも、この頃はもっと違う方法で雀を追い払うようになってきて(大きな音を立てる爆竹みたいのとか、いらなくなったCD版による反射光とか。
昔は田んぼに棲んでいる精霊に敬意を表して大きな音は立てなかったそう)、カンカナイの人たちはタラを懐かしく思っているようです。
 そんな、昔の山岳民族のお米を大事にする気持ち、精霊を敬う心、小さな地味な鳥にも役割があるミニマムだけどていねいであたたかな暮らし、、、
そういうことを思い出しながら、日本の過剰と言っていいくらい便利な生活をちょっと離れて、フィリピンの片田舎の松林の中で少し不便だけど豊かな時間を過ごしてほしいと名づけました。
 鳥は「空を飛べる」という人間には絶対に叶わない技を持ちながら、どこか弱く、いたわりたくなる存在で、
それは私たち大人が子供たちに抱く思いに通じるものがあるかとも思います。
「タラ」で滞在したすべての人が、鳥たちのような優しい気持ちで時間を過ごせますように。。
また、「タラ」はタガログ語では「星」を意味します。

--

反町眞理子
Mariko Sorimachi
コーディリエラ・グリーン・ネットワーク
Cordillera Green Network(CGN)
[Mail]P.O.BOX 540, Baguio City,2600,Philippines
[Office]#14 General Lim St. Baguio City,Philippines
Tel: +63-(0)74-423-0839 / +63(0)928-521-8124(Mobile Phone-Sorimachi)
[Japanese HP]http://cordillera-green.net
[Japanese blog]http://cordillera.exblog.jp/





                                 
[PR]
by baguionihongo | 2013-02-20 23:24 | ホテル hotel

Eurotel と Cafe by the Ruins 便利・お洒落なバギオ

最近営業を開始したEUROTELホテル。
バギオ市役所とバーンハム公園の間にあって、とても便利な場所です。

b0089690_13264546.jpg

真ん中の白い建物がバギオ市役所。 右の緑色がユーロテルです。
この写真は バーンハム公園寄りの場所から撮影しています。
b0089690_13284871.jpg

これが正面。
これだけ派手ですから、見逃すことはありませんね。
b0089690_1330778.jpg

ホテル内は、割と落ち着いた雰囲気です。
b0089690_1331547.jpg

フロントはシンプルで感じもまあまあです。

b0089690_13321548.jpg

一階の奥がレストランになっています。

b0089690_13332688.jpg

連絡先などはこちら。
b0089690_1334174.jpg

これは 2012年3月現在の料金表です。
オフ・シーズンにはもっと安くなるかもしれません。
ちなみにこの料金は2名1室朝食付きのようです。
御確認下さい。


ところで、このEUROTELの裏側に バギオでも有名なカフェがあります。
b0089690_13363875.jpg


Cafe by The Ruins というカフェです。
詳しい説明は こちらのサイトで御参照下さい:
http://baguio.cocolog-nifty.com/nihongo/2012/03/cafe-by-the-rui.html

尚、ホテルのすぐ前方の近くには マクドナルドなともあってとても便利です。


 
 
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
フィリピン バギオ 観光 旅行 ホテル レストラン カフェ 市役所 バーンハムパーク eurotel hotel baguio city hall tourism travel restaurant cafe by the ruins burnham park
[PR]
by baguionihongo | 2012-03-04 13:45 | ホテル hotel

バギオの歴史的遺産が復活 ホテル Casa Vallejo

バギオの歴史が感じられる伝説のホテルに 泊まってみてはいかがでしょう。
場所は、アッパー・セッション・ロード、 SMバギオがすぐ目の前にあります。

b0089690_22571532.jpg

バギオが高原の保養地として開発され始めた 1909年に建設された老舗のホテル。
カサ・バリエホ。

b0089690_22593637.jpg

長年 手入れもされず、バギオ市の管理の下にあった歴史的施設のひとつ。
そのホテルが改修され、昔の面影を留めながら 復活しました。

b0089690_232668.jpg

そのホテルの玄関から下に降りたところにあるのが このレストラン、
ヒル・ステーション。

b0089690_234373.jpg

歴史的施設だけに、木造のぬくもりに溢れる ホテルとレストラン。

b0089690_2351926.jpg

他では 手に入らない、ホテル独自のおみやげも お洒落。

b0089690_236551.jpg

ちなみに、2010年11月現在の シーズン料金は この通り、リーズナブル。
連絡先も こちらに書いてあります


バギオ開拓時代の雰囲気をお楽しみ下さい。

 
(2010年11月時点での情報です。)


   
[PR]
by baguionihongo | 2010-11-17 23:10 | ホテル hotel

バギオに初登場! 日本人経営の 日本料理 B&B


CHAYA Contemporary Japanese Cuisine

corner, Legarda road & Dr Jose Carino street. Baguio city
near the Europa Condominium, Legarda Rd.
Open on Tuesday, September 28, 2010

2010年9月28日(火)、バギオに日本人経営の コンテンポラリー日本料理のお店が お洒落なお宿 Bed & Breakfast を併設して登場します。

b0089690_2081397.jpg

バギオの中心 バーンハム公園へも近くにありながら、閑静な住宅地。
b0089690_20104543.jpg

フィリピンの軽井沢と呼ばれるに相応しい 別荘風の宿。
b0089690_20115796.jpg

広い庭では鶏も遊んで、新鮮な玉子が 朝の食卓にのるかもしれません。
b0089690_20132252.jpg

日本人女性の経営ですから、言葉に自信がなくても大丈夫。
もちろん、バギオで一番と評判の美味しい日本食も期待出来ます。
b0089690_20144261.jpg

一泊のご旅行から、一か月単位の長期滞在まで、観光や英語留学での心休まる滞在には最適です。

b0089690_20203280.jpg

その名は CHAYA  コンテンポラリー・ジャパニーズ・クイジーン 
お洒落な日本料理のお店と併設で、
b0089690_20205110.jpg

アットホームな Bed & Breakfast (ベッド & ブレックファスト)になっています。
お宿の料金は:
1部屋1名 一泊朝食付き 1,350ペソ
1部屋2名 一泊朝食付き 1,850ペソ
(2010年10月現在の料金です。)

無線LANで インターネットも利用できて便利です。

場所は レガルダ・ロードの ヨーロッパ・コンドミニアムの並び。
連絡先は上の通りです。
ご予約などは 日本語でも大丈夫です。

 
How to get CHAYA.
From Marcos Highway, pls enter to Legarda road for Europa condominium.
About 50m away from Europa condo, you can find a comedy bar along Legarda road.
CHAYA is next door of the comedy bar.
b0089690_1231191.jpg

on Right side of the comedy bar, you can find Red door of big house.
b0089690_1252570.jpg
 
This is the corner of Legarda road and Dr. Carino st.
b0089690_1263311.jpg

if you can find #72 on the red door, you are there already.
the Map is in the below.

CHAYAへの道案内。
マルコス・ハイウエイから レガルダ・ロードへお入り下さい。
ヨーロッパ・コンドミニアムの門の前を通り過ぎて50メートルほど進みますと、コメディー・バーの看板が見えます。
その右隣りに赤い扉の入り口があります。
扉に 「72」番地の表示があれば 間違いなく CHAYAに到着です。
CHAYAのサイトはこちらです


下の地図の 赤丸の印のところです:

b0089690_10491893.jpg




 





Japanese restaurant in Baguio city
バギオ 日本食 日本料理店 ホテル アパート ホームステイ
[PR]
by baguionihongo | 2010-08-30 20:16 | ホテル hotel

2007年11月 出来立てホヤホヤの ホテル・マンション

宿泊料金が大幅アップになっています。 (2008年2月ピーク・シーズン)

バーンハム スイーツ バギオ
BURNHAM SUITES Baguio
b0089690_18324058.jpg


バーンハム・パークをすぐ目の前に臨む KISAD通りに 新しく開業したホテル。
このホテルなら お薦めです。
b0089690_18351729.jpg


このホテルは 4階までがホテル、5階以上が コンドミニアムになっています。
b0089690_18374422.jpg


受付ロビーの雰囲気も良く、すぐ横のレストラン・カフェは シックな垢抜けた雰囲気で安心出来ます。
b0089690_18393171.jpg


ホテル料金は 下の通りです。 (これは 2007年11月現在)
b0089690_18434152.jpg


ところが、 2008年2月の フラワー・フェスティバルがある ピーク・シーズンには:
こんなにアップしています。
b0089690_18214496.jpg


さて、 5階・6階のコンドミニアムですが、 基本的には売りマンションなのですが、その部屋ごとのオーナーが 貸しマンションとして運用しています。

5階の部屋からの景色はと言いますと。
b0089690_184652100.jpg

眼下にバーンハム・パーク、向こう側に SMバギオが見えます。

b0089690_18481317.jpg

左の方に目をやると、市役所方面へ向う道です。
セッション通りへも、歩いて10分くらいでしょうか。

そこで、貸しマンションの一室を見せてもらいました。
b0089690_18505372.jpg

この部屋は ワン・ルーム・タイプ(Studio タイプ)ですが、結構広々としています。

603号室を例にとってみますと:
b0089690_22405715.jpg

b0089690_2243012.jpg

入り口をはいったすぐのところは ワンルームにしては広いキッチンがあります。
b0089690_22413522.jpg

b0089690_22421819.jpg

ホテル仕様で作られていますので、トイレ、シャワー・ルームも安心。 シャワーはホテルと同じ集中ボイラーです。 お湯がかかせない女性には お薦めです。
b0089690_22434686.jpg

なお、フィリピンの中では、マニラなどの最高級ホテルを除き 集中ボイラーで温水が使えるホテルはほとんどありません。 庶民は水を浴びるのが慣習ですので、バギオのように涼しいところであっても 温水シャワーが使えるところは限られています。
叉、温水シャワーがあっても、小さな電気湯沸かし器で温水にするのが一般的です。 日本人の熱いお湯好きには 水のようなぬるま湯にも耐えていただくしかありません。
b0089690_22444713.jpg


次は、 511号室。
オーナーの趣味で 家具などが異なります。
b0089690_1824214.jpg

b0089690_18251425.jpg

この511号室には、ちゃんと調理・食事・喫茶のセットが用意されています。
オーナーによっては、室内での調理を許可しないケースもありますので、 ご確認下さい。
b0089690_18264899.jpg

b0089690_18273011.jpg

b0089690_1828943.jpg

この部屋からの景色もなかなかです。
b0089690_18295232.jpg

ちなみに、この511号室の一泊料金は、 2008年2月のピーク・シーズンで 三千ペソ強のレートになっています。 

次の部屋は リビングとワン・ルームが完全にドアで区切られている プライバシーが保てるタイプの ワン・ベッドルーム・スーツのタイプです。 ここは工事中の写真。
b0089690_1921420.jpg


このタイプの嬉しいところは、なんとキッチンが対面式で、バーのような雰囲気です。
b0089690_1954957.jpg

ここも まだ工事中でしたので、悪しからず。

b0089690_1974834.jpg

そして、さらにびっくり。 なんと、バスルームが二つ。
お客様用にリビングにひとつ、そして ベッドルームの奥にもうひとつあるのです。
事務所として使うにも いいかもしれませんね。

b0089690_19124995.jpg

これが そのベッドルームなのですが、 ベッドはふたつありました。

b0089690_19142799.jpg

一階のレストラン・カフェでは、週末に ブランチやディナーのビュッフェをやっているようです。
一度 味見に行かなくては・・・


貸しマンションについては、ホテルのフロントでは御案内していません。
中期、長期のご滞在の場合には、佐藤国際ラーニング・センターに御問合せ下さい。
空きがある場合には ご紹介出来ます。
尚、ユニット毎のオーナーが リゾート・マンションとして貸し出していますので、同じタイプの部屋であっても 料金が異なります。
オーナーによって、室内での設備、サービス内容が異なりますので、借りる場合は ご確認ください。


(この情報は 2007年11月現在のものです。)
(2008年2月に更新しました。)
[PR]
by baguionihongo | 2007-11-11 18:39 | ホテル hotel

SMバギオに 一番近いホテル Bloomfield Hotel


バギオの目抜き通り セッション・ロードを登りつめたロータリーのすぐ横にある SMバギオに一番近い 便利なホテル。

b0089690_18223320.jpg

郵便局や バギオ大聖堂にも歩いて2~3分ですから 便利この上なし。

b0089690_1825476.jpg

一階には オープンな気軽なレストランもあるし、 半地下には SPAもあって、 女性ならフェイシャル・マッサージや ペディキュア・マニュキュアもO.K.、男性なら指圧マッサージやオイル・マッサージも出来ます。 料金も良心的で安心です。

b0089690_1828528.jpg

受付には、ちょっと恥ずかしがり屋ですが、丁寧に応対してくれるお嬢さん。

b0089690_18343727.jpg

このホテルには いくつかのタイプの部屋がありますが、 この部屋は ジュニア・エグゼクティブ・タイプ。 リビング、キッチン、寝室が二つあります。
通常の料金は 3,600ペソ。

b0089690_1841125.jpg

キッチンも余裕があります。

b0089690_18422787.jpg


b0089690_18445056.jpg
ジュニアの2寝室は 上と左の二つの写真の通りです。




では、次に SUITEーB の部屋を見てみましょう。
通常の料金は 3,300ペソ。

b0089690_18494311.jpg

b0089690_18505453.jpg

b0089690_1851457.jpg



エクストラ・ベッドは このタイプです。
b0089690_18531343.jpg



フィリピンのホテルの注意点

地方のホテルを予約される場合は、以下のことを確認されることを お勧めします。

ー 例えば、収容人数を 最大6名としてある場合は 通常 ひとつのベッドに
   2名が寝ることが前提になっていますので、 ベッドの数は3つ です。
ー 料金は 季節や曜日によって 異なります。
ー 朝食付き・朝食なし で設定料金が異なります。
ー 実際に宿泊する人数によって、叉 朝食を何人が食べるかによって、
  さらに、エクストラ・ベッドを入れるかどうかで、 料金が調整されます。
ー 通常は、特に地方では、予約を受けないところがほとんどです。
   予約を確保するには 予約金を銀行振り込みすることが 求められます。


(この情報は 2007年8月現在の情報です。)
[PR]
by baguionihongo | 2007-09-08 18:29 | ホテル hotel

避暑地のエレガンスを満喫するホテル in バギオ


Hotel Elizabeth
ホテル エリザベス
b0089690_2252698.jpg
さすがにフィリピン憧れの避暑地バギオ。 こんなにエレガントなヨーロピアン・スタイルのホテルもあるんです。


b0089690_22744.jpg

パンフレットを読めば、その自信に溢れた避暑地ならではの雰囲気を感じることが出来ます。 特に若い女性には、バギオ滞在の間に一泊でも贅沢な一日を過ごして欲しいホテルです。 カップルで過ごすなら最高のホテルになるでしょう。

b0089690_1832426.jpg

バギオの地中海風特選ホテルの贅沢をご体験ください。
エレガントな装飾と細やかな心遣いに溢れた建築様式。
魅了する雰囲気の中での静かな晩餐。

ホテル エリザベスは バギオの緑に囲まれた山の中にたたずみ、ライト・パーク、マインズ・ビュー・パーク、マンション・ハウス、グッド・シェファードなどの観光スポットへも徒歩圏内にあります。

ホテル エリザベスは あなたを癒しの極みへといざないます。
60ものヨーロピアン・スタイルの客室は、きっとあなたに地中海のセンスと、ホテルをやさしく包む松林と山の緑が落ち着いた空気をもたらすでしょう。

b0089690_18344753.jpg
ここまで読むと、確かにエレガントでゴージャスな雰囲気です。
実際、このホテルに足を踏み入れてみると、他のホテルにはない華麗な魅力にとらわれます。



b0089690_2282494.jpg

そこで その宿泊代はどうなのでしょう・・・。

デラックス ルーム      3,800ペソ
エグゼキュティブ スーツ  6,000ペソ
ペント・ハウス スーツ    7,000ペソ (ロフト付 1ベッド・ルーム)
エグゼキュティブ 
ペント・ハウス スーツ  12,000ペソ (3ベッド・ルーム)


b0089690_18384236.jpg
さすがです。 料金にも自信のほどがしっかり入っています。
お洒落な夕食だけにしておきますか?



デラックス・ルームは、シングル(セミ・ダブル)とツインのタイプがあります。
テラスからは松林を通して涼しい風が入ってきます。
b0089690_22114664.jpg
b0089690_22122443.jpg



b0089690_22161610.jpg
バギオのレストランで日本と同じ感覚で食事が出来る処を探すのはなかなか大変ですが、このホテルのレストランなら安心してお薦め出来ます。 

b0089690_2217201.jpg
Tボーン・ステーキ、シーフード・スパゲティ、サラダ、ガーリック・マッシュルーム、ワイン、ジュース、カクテルなどを2~3名でしっかり食べても二千ペソと言うのは、この雰囲気の中で優雅に食事を楽しめることを含めて、実にリーズナブルだと思います。


b0089690_22175820.jpg




(この情報は 2006年6月現在のものです。)
[PR]
by baguionihongo | 2006-06-09 18:29 | ホテル hotel

バギオ ホテル・アパテル情報

b0089690_22331325.jpg

RIDGEWOOD Residence Hotel & Apartelle
リッジウッド レジデンス  ホテル & アパテル

b0089690_22351765.jpg
こんなところにこんなに素敵なホテルがあったのか。
フィリピンの夏の大統領官邸と呼ばれる マンション・ハウス。 



b0089690_22375864.jpg
そのすぐ近くに、日本人もひと目で気に入るホテルがありました。 近くには、副大統領や国会議長の豪邸が並び、静かで設備の整ったこのホテルなら、セレブなバギオの避暑が出来そうです。



ここは、ホテルとアパテルと書いてある通り、アパテルには気持ちの良いキッチンがあり、家族やグループでの利用にも最適です。

ホテル・タイプには、いずれも2名での利用ですが、スタンダード、デラックス、ジュニア・スーツの3種類の部屋があります。 その一泊料金は以下の通りです。
(朝食込み料金です。)

STANDARD       2,300ペソ
DELUXE         2,600ペソ
JUNIOR SUITE    3,200ペソ
1名追加の場合       600ペソ(朝食込み)

b0089690_2245972.jpg
この写真は、ツインのデラックス・ルームです。



b0089690_2246284.jpg
ケーブル・テレビではNHKの衛星放送も楽しめますし、コーヒー・メーカーも各室に備えてあるなど、設備面の充実度はバギオでは最高レベルでしょう。


b0089690_2248169.jpg



アパテル・タイプでは、人数・料金的には 2種類の部屋がありますが、各部屋ともいろいろな個性が感じられる内装になっています。
ここでは、 ルームA、B、Cの三つを例として 写真でご紹介します。

ルームA: 4名までの利用 一泊3,500ペソ
b0089690_2252205.jpg
b0089690_22533913.jpg


b0089690_22574038.jpg
b0089690_22583091.jpg



ルームB: 4名までの利用 一泊3,500ペソ
b0089690_2333163.jpg
b0089690_23506.jpg


b0089690_2314838.jpg
b0089690_23162191.jpg



ルームC: 6名までの利用 一泊4,000ペソ
b0089690_23212018.jpg


b0089690_23223191.jpg


b0089690_23284865.jpg



ただし、この Ridgewood Residence では、長期滞在者の為の 一ヶ月単位でのディスカウントはやっていないのが残念です。
b0089690_2328162.jpg



b0089690_23293913.jpg



(上記料金などの情報は、2006年5月現在のものです。)
[PR]
by baguionihongo | 2006-05-30 22:29 | ホテル hotel

バギオのホテル情報

(1)Microtel Inn & Suites
マイクロテル イン アンド スーツ

b0089690_19474828.jpg
バギオの ビクトリー・ライナーのバス ステーションのすぐ隣にある 新しくてシンプルで気持ちの良いホテル。
バギオにビクトリー・ライナーのバスで夜到着するのであれば、ここが一番便利で安心です。
バギオの繁華街であるセッション・ロードやショッピング・モールのSMにも徒歩圏内でありながら、比較的静かな地区にあります。

宿泊料金は以下の通り: 
(2006年5月現在。シーズンによっても異なります。)
シングル・ルーム  2,800ペソ
ダブル・ルーム    3,300ペソ
スーツ        4,000ペソ
追加1名当たり     400ペソ

この料金に 10%の税金と 5%のサービス・チャージが掛かります。
上記の料金には朝食(コンチネンタル)が付いています。

部屋の設備は次の通り:
カラー・ケーブル・テレビ、 エアコン、電話、インターネット接続端子、温水シャワー、キーカード・エントリー・システム、ラジオ時計。

スーツの部屋にはさらに以下の設備あり:
コーヒー・ティー・メーカー、冷蔵庫、電子レンジ、流し付きキッチン・カウンター、ソファー・ベッド、バスタブ、等。

その他:
自動販売機、 コピー、FAX、郵便などのサービスあり。


(2)HOTEL VENIZ 
ホテル ベニス

b0089690_19561162.jpg

バギオの繁華街のど真ん中、バーン・ハム・パークのすぐ横にある大きなホテル。
一階から三階までは、サンシャイン・スーパー・マートや マクドナルド、カフェ、レストランなどもあって、便利この上ありません。
b0089690_19582556.jpg


部屋のレベルも ジュニア・スタンダードからプレミア・ルームまで 7段階の
料金設定があり、同じ部屋でもシーズンや曜日によって四種類の料金体系になっ
ている。 月単位の宿泊の場合は 正規料金から10%引きだとのこと。

    シングル又はダブル利用での料金の例は以下の通り:
    部屋のタイプ   休日    シーズン中   通常   オフ・シーズン
    ――――――   ――― ―――――  ―――  ―――――――
    ジュニア・STD  1,695   1,595   1,295    995
    スタンダード    2,195   1,895   1,595  1,295 
    デラックス    2,895   2,695   2,195  1,895
    プレミア      4,395   4,195   3,695  2,995
(税込みの料金)
ジュニア・スタンダード・ルーム以外は すべてエアコン付き。
追加ベッドと追加人員は 800ペソの追加料金。
12歳以下の子供は追加料金なし。

デラックス・ツイン・ルームの中の様子は下の通りです。


b0089690_20443034.jpg


b0089690_20423136.jpg
b0089690_2043613.jpg


六階の客室からの外の様子は こんな感じです。
賑やかなど真ん中のホテルなので、スタンダード以上の部屋には全室
エアコンがある。 バギオでエアコンがあるのは非常に珍しいことです。
b0089690_20545462.jpg


デラックス・ルームと スタンダード・ルームの違いは、窓とベランダがあるかどうかの違いのようだ。 外の景色を楽しみたいのなら デラックスを予約しましょう。



b0089690_19505230.jpg

午後6時以降のチェック・インの場合は、事前に一泊分の前払いが必要。
通常のチェック・インは午後2時から。 チェック・アウトは正午まで。

(この情報は 2006年5月時点での情報です。)
[PR]
by baguionihongo | 2006-05-22 17:47 | ホテル hotel