カテゴリ:ビガン Vigan ( 2 )

マニラから 世界遺産ビガン(VIGAN) へのバス便


マニラから世界遺産のVIGAN(ビガン)へ直行するルートを選ばれる方には、マニラから出ているPARTAS(パルタス)バスが便利です。
b0089690_15193560.jpg


ちなみに、「フィリピンの歩き方」には、マニラからは  オート・バス、パルタス・バス、CUBAOからドミニオン・バスが出ているとあります。 ビクトリー・ライナーの直行便はありません。
パルタスの料金は 585ペソだとのことです。 所要時間はおよそ10~11時間です。

パルタス・バスのホームページはこちらです
http://www.partastranspo.com/schedules.html

このサイトには時刻表も掲載されてはいますが、更新されていないようですのでご注意ください。
マニラ発のビガン行きは、マニラ空港から空港タクシーで30分くらいのところにあるPASAY(パサイ)のターミナルからと、空港から2時間ほどのCUBAO(クバオ)のターミナルから出ています。
クバオのパルタス本社ターミナルはこれです。
b0089690_15204877.jpg

マニラ空港からEDSA通を北へ進み、クバオの電車の駅の先の十字路を左に曲がって 真っ直ぐに進むと 左側にあります。
ちなみに、ビクトリー・ライナーのクバオ・ターミナルは、その十字路をそのまま真っ直ぐ進んで、左側にあります。
(ガードが厳しく、PARTASターミナルの中での撮影はさせてもらえません。)


パルタス・バスの本社はクバオにありますので、クバオ発ビガン行きは おおよそ1~2時間ごとの便がありますが、パサイ発はおおよそ2~3時間毎の出発です。
ただし、クバオの本社ターミナルであっても、料金表は貼ってありますが、時刻表はどこにも貼ってありません。 切符の窓口で聞くしかありません。なお、北イロコス州のLAOAG(ラワグ)行きのバスもビガンを通るそうですので、途中下車でよければパルタスのクバオ・ターミナルでチェックしてみて下さい。
b0089690_15242310.jpg

ラワグ行きのバスが 並んでいました。

ちなみに、時刻表については、地元の人に聞いてみますと、
時刻表を用意しないのがフィリピンの一般的常識だとのことです。
用意している例外のバス会社は バギオ周辺で言えば、
ビクトリー・ライナー、 フィリピン・ラビット、ダグーパン・バスの三社くらいしか無いとのことでした。

「バスは疲れるし、自由が利かないから・・・。 それに、途中のラ・ウニオン州のビーチでゆっくりしてみたいから・・。 調べるのは面倒だ。」 とおっしゃる方は、佐藤国際ラーニング・センターで運転手付のレンタカーをご利用になってはいかがでしょうか。 グループの人数によって料金が異なりますので、詳しくはお問い合わせ下さい。
マニラ空港送迎―ラ・ウニオンのビーチで休養ービガンーバギオのルートが可能です。
ビーチ・リゾートはこちらです


ご注意: この情報は2007年8月現在で、パルタス・バスに確認した情報ですが、
      情報が正確ではない場合がありますので、最新情報を直接得られるよう
      お薦めします。
[PR]
by baguionihongo | 2007-08-31 14:53 | ビガン Vigan

世界遺産の街 VIGAN ビガンを歩く

VIGAN(ビガン)旅行のヒント

b0089690_22283985.jpg

バギオから世界遺産になっているVIGANまでは、車でおよそ2百キロ弱、6時間前後掛かります。 フィリピンのトラベル・アトラスには次のように紹介されています。

ビガンは、フィリピン国内のスペイン様式コロニアル建築の中でも、もっとも洗練された例として特筆されています。 マニラのイントラムロスにあるもうひとつの例とは違い、ビガンは戦争による破壊から比較的無傷で立ち上がりました。 ビガンは16世紀の末に、 偉大なスペインの植民者レガスピの孫であるJuan de Salcedoによって基礎が造られ、急速に、北ルソンに於いてスペインの影響を受ける最大の拠点となりました。
市内中心部には多くの古いコロニアル様式の家々が見られ、殊に KAMESTIZOAN地区で多く見ることが出来ます。
b0089690_743419.jpg

国の博物館は、スペイン人によって独立運動のために処刑された国家の英雄である Padre Jose Burgos の屋敷にあります。 セント・ポール大聖堂は1641年に建築され、国内でも人々の崇拝を集める最大の場所のひとつとなっています。
サンタ・マリア教会は、1896年の革命の折には聖域とされ、ユネスコの世界遺産のリストにも含まれています。 
VIGANの主要な工芸品は陶器です。

以上がトラベル・アトラスからの翻訳ですが、ビガンの中のスペイン風の街並みが色濃く出ているのは、ブルゴス広場から延びているメナ・クイリソロゴ通り周辺に限られているようです。 

b0089690_22292530.jpg
地球の歩き方にも紹介されている アニセト・マンション(ANICETO MANSION)は、ブルゴス広場に面していて外国人には便利です。




b0089690_2230629.jpg


同じく、VIGAN HOTEL(ビガン ホテル)は、エアコンのあるツインの部屋で一番安いのが 750ペソでしたが、これはトイレとシャワーは共同です。  



b0089690_22325979.jpg
ビラ・アンヘラ・ヘリテージ・ハウス(Villa Angela Heritage House)は、門から真っ直ぐ延びた道が、さすがに名士の邸宅らしい趣を持っています。






b0089690_7314129.jpg
ビガンに行くのはいいけど、暑くてかなわないよとおっしゃる向きには、中心街から車で15分ほど離れた静かな地区にある MOM‘S COURTYARD(マムズ・コートヤード)が お薦めです。 


b0089690_7325613.jpg
ここには、結構広めのプールがあり、よく手入れされた庭園が、暑さを忘れさせ、リラックスさせてくれます。
ここは シングルあるいはダブルで 2,300ペソくらい。






ビガンのホテルは 特にシーズン中は宿泊代も跳ね上がり、予約も電話だけでは受け付けません。 予約を確実にする為にはホテルの銀行口座に代金を前払いしないと安心できません。


b0089690_7376100.jpg

ビガンの楽しみのひとつは、なんと言っても夜の屋外での食事でしょうか。
アニセト・マンションの前の広場周辺で 多くの外国人がビールを片手に談笑しています。
日本料理をメニューに入れているレストランもあります。 ワインも結構いけます。



b0089690_739221.jpg
カレッサは是非お試し下さい。 1時間くらいでビガンの全体の雰囲気をつかむことができます。 行く先は日本人には今ひとつかなという感じの所ですが、後は個人的に興味のあるところを丹念に歩いてみるのが一番です。


b0089690_7465352.jpg



ビガンのお土産ですか?
食べ物だったら ビビンカ(Bibingka)は いかがでしょう。
ビガンの入り口の町 Bantayにある The Sisters Royal Bibingkaは
ひとくちサイズになっていて 食べやすく、美味しいですよ。
b0089690_115021.jpg

[PR]
by baguionihongo | 2006-05-07 21:40 | ビガン Vigan