<   2007年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

フィリピン 北ルソンの世界遺産なら ビガン と バナウエ棚田


北ルソンの世界遺産は ふたつあります。

b0089690_0533069.jpg

これは バナウエは バンガアン(Bangaan)のライス・テラスです。

NHKで紹介された バナウエの棚田
http://www.nhk.or.jp/sekaiisan/card/cards096.html

バナウエに行くのであれば、
バギオ - サガダ - ボントック - バナウエ - バギオ ルートでのツアーは どうでしょうか。 乾季(11月~5月)のツアーがお薦めです。



もうひとつは ビガン VIGAN
b0089690_134829.jpg



同じく NHKのサイト: スペイン風の街並みが残るビガン
http://www.nhk.or.jp/sekaiisan/card/cards097.html

もっと詳しい ビガン情報は こちらです。


二つの世界遺産を贅沢に周ってしまいたい方には、
マニラ - ラ・ウニオン・ビーチ - ビガン - バギオ - サガダ - ボントック - バナウエ - マニラ というルートもいいかもしれません。



佐藤国際ラーニング・センターは 日本の皆様のツアーのお手伝いをしています。
お問い合わせは こちら です。
[PR]
by baguionihongo | 2007-08-31 15:56 | 世界遺産&秘境World Tres

マニラから 世界遺産ビガン(VIGAN) へのバス便


マニラから世界遺産のVIGAN(ビガン)へ直行するルートを選ばれる方には、マニラから出ているPARTAS(パルタス)バスが便利です。
b0089690_15193560.jpg


ちなみに、「フィリピンの歩き方」には、マニラからは  オート・バス、パルタス・バス、CUBAOからドミニオン・バスが出ているとあります。 ビクトリー・ライナーの直行便はありません。
パルタスの料金は 585ペソだとのことです。 所要時間はおよそ10~11時間です。

パルタス・バスのホームページはこちらです
http://www.partastranspo.com/schedules.html

このサイトには時刻表も掲載されてはいますが、更新されていないようですのでご注意ください。
マニラ発のビガン行きは、マニラ空港から空港タクシーで30分くらいのところにあるPASAY(パサイ)のターミナルからと、空港から2時間ほどのCUBAO(クバオ)のターミナルから出ています。
クバオのパルタス本社ターミナルはこれです。
b0089690_15204877.jpg

マニラ空港からEDSA通を北へ進み、クバオの電車の駅の先の十字路を左に曲がって 真っ直ぐに進むと 左側にあります。
ちなみに、ビクトリー・ライナーのクバオ・ターミナルは、その十字路をそのまま真っ直ぐ進んで、左側にあります。
(ガードが厳しく、PARTASターミナルの中での撮影はさせてもらえません。)


パルタス・バスの本社はクバオにありますので、クバオ発ビガン行きは おおよそ1~2時間ごとの便がありますが、パサイ発はおおよそ2~3時間毎の出発です。
ただし、クバオの本社ターミナルであっても、料金表は貼ってありますが、時刻表はどこにも貼ってありません。 切符の窓口で聞くしかありません。なお、北イロコス州のLAOAG(ラワグ)行きのバスもビガンを通るそうですので、途中下車でよければパルタスのクバオ・ターミナルでチェックしてみて下さい。
b0089690_15242310.jpg

ラワグ行きのバスが 並んでいました。

ちなみに、時刻表については、地元の人に聞いてみますと、
時刻表を用意しないのがフィリピンの一般的常識だとのことです。
用意している例外のバス会社は バギオ周辺で言えば、
ビクトリー・ライナー、 フィリピン・ラビット、ダグーパン・バスの三社くらいしか無いとのことでした。

「バスは疲れるし、自由が利かないから・・・。 それに、途中のラ・ウニオン州のビーチでゆっくりしてみたいから・・。 調べるのは面倒だ。」 とおっしゃる方は、佐藤国際ラーニング・センターで運転手付のレンタカーをご利用になってはいかがでしょうか。 グループの人数によって料金が異なりますので、詳しくはお問い合わせ下さい。
マニラ空港送迎―ラ・ウニオンのビーチで休養ービガンーバギオのルートが可能です。
ビーチ・リゾートはこちらです


ご注意: この情報は2007年8月現在で、パルタス・バスに確認した情報ですが、
      情報が正確ではない場合がありますので、最新情報を直接得られるよう
      お薦めします。
[PR]
by baguionihongo | 2007-08-31 14:53 | ビガン Vigan

ユニークなカフェ Cordillera Coffee 山岳珈琲 ? 

最近 SMの一階 外側にオープンして 気になっていた カフェ、 コルディリエラ・コーヒーに行って見ました。
場所は スターバックス、ジョリビーを通り過ぎて 建物の一番奥、外側です。
b0089690_23465119.jpg


このお店のユニークさは、まず このギャラリーのような絵をご覧下さい。
それも、CORDILLERA 近郊の山岳地帯を題材にした なかなかの絵。
気に入った絵があったら 買ってみましょうか。
b0089690_23495436.jpg


店の中の雰囲気はこんな感じ。 
ゆったりとした静かな語らいが出来そうです。
b0089690_23515060.jpg



さらに ユニークなのは、コルディリエラ珈琲というくらいですから、当然 地元のコーヒー豆を使っています。 それも アメリカンではなく、日本で飲む深く濃い珈琲を味わえます。
b0089690_23542593.jpg


珈琲が硬派なら、スパゲティーも結構硬派(?)、上のスパゲティーは イタリアン・ソーセージ・スパゲティーです。 茹ですぎの麺ではありません。

さらに、さらに このお店が硬派なのは、そのコンセプトでしょう。
b0089690_00761.jpg


右のチラシは 「バギオ・アート・ギルド」のグループ展の宣伝。
2007年8月31日までの絵画展です。

左のパンフレットは、お店のコンセプトを語るもの。
ー フィリピンの珈琲豆を使うこと。
ー COFEE AID というNGO活動で フェア・トレードを進め、
  珈琲豆の生産者を支援すること。
ー 洗練された地元のマウンテン・コーヒー(アラビカ種)の提供。
ー フィリピンの伝統を守り、プライドを取り戻すこと。

フィリピン社会への貢献をめざす このカフェを応援しましょう。

b0089690_040367.jpg

コンセプトは かなり硬派ですが、 お店のスタッフは やっぱりフィリピンです。

さて、以下は 2008年4月現在の様子ですが・・・

b0089690_1839189.jpg

開店当初はお客さんが少なかったようですが、なんとか落ち着いてきたようです。

お食事の方は、大体 一皿 100~130ペソくらいのものが多いようです。
b0089690_18414341.jpg

これは 見た目はイマイチなんですが、洋からしであえたレタスのサラダ。 つまみに結構いけます。
b0089690_18433446.jpg

ここに ちょっと置いてあるグラスは 普通のワインではありません。 山岳民族の地元産の イチゴ・ワインです。 ライス・ワインなんかも置いてあります。
上の4皿まとめて 350ペソくらいです。
ランチ・タイムには 手ごろですね。
[PR]
by baguionihongo | 2007-08-01 23:54 | お食事処 Restaurant