<   2010年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

バギオから グレルーカヤパーアリタオ の山下道を行く

バギオーアリタオ間が全面的に舗装され、バスが通れるようになりました。

2010年12月に チャーターしたタクシーで 
バギオーアンブクラオーグレルーカヤパーアリタオーソラノーバナウエを走りましたので、道路の状況をご報告します。

戦争中に山下奉文陸軍大将がルソン島東側の穀倉地帯の米などを、西方の山岳地域やバギオ方面に供給する目的で作ったと言われている「山下道」。

山下道は、バギオからラ・トリニダッド町を通って その北部にある「21キロ」地点から、ダムのあるアンブクラオに行くのが本来の道ですが、バギオ発着のバスは、バギオから直接アンボクラオ道路を通ってアンボクラオに下り、 アリタオ方面へと向かいます。
戦争当時にインチカクと言われた場所は、今はダム湖に沈んでいるそうです。

バギオーアリタオ間の道路は 全面的に良く舗装されており、快適な道路になっています。
ただし、台風や大雨などによって、過去に土砂崩れ、崖崩れが発生し、その後も十分な補強工事などがないまま危険と思われるところが 数ヶ所残っています。

雨季など雨が降りやすい時期には、バス会社などで道路状況を確認の上で ご利用になることをお薦めします。

バギオから このバギオーアリタオ道路を利用する場合の バス会社は、2010年12月現在、 N-A Liners だけのようです。
b0089690_15151569.jpg

これがN-Aライナーのバスです。

N-Aライナーのバスは、 バス・ターミナルでの聞き取り情報によれば、毎朝7:30に 一日一本だけ バギオーカヤパーアリタオーソラノ行きがあり、最終地点は ソラノになっています。

尚、同社のバギオ発着場所は、マグサイサイ通りのスローター(SLAUGTHER)地区と呼ばれるところが バス・ターミナルになっています。
b0089690_15161291.jpg

ただし、本数が1本だけですので、チケット売り場などはありません。
ターミナルのお店の人に聞いて、バス会社の人を捜し、ご利用の際の正確な時間や状況などを再確認してください。
b0089690_15164423.jpg

尚、同じターミナルから ミニバンがバギオーアリタオ道路方面に発着しているとのことです。
バスに乗れない場合などにはターミナル内のお店の人にお尋ねください。


このターミナルからは ボントック行きのバスが数多く発着しているようです。
b0089690_1517995.jpg

ボントック行きのバスは このようなバスです。

以上、2010年12月現在の情報です。
 
 
 
[PR]
by baguionihongo | 2010-12-20 15:10 | バギオから Bus fm BC