<   2015年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「伊達な七夕、不楽是如何!」 仙台流七夕祭りはバギオの年中行事

バギオ市では、毎年7月から8月にかけて「日比友好月間」のイベントが開催されています。

「仙台流&コスプレ」を特徴とする「バギオ七夕祭り」のプロモーション・ビデオが9月に
発表されました。 (制作:北ルソン日本人会)
https://www.youtube.com/watch?v=b6o0OzOFAuo
  

2015年の主なイベントのスケジュールは下の通りです。
(正式のポスターは7月に出来るそうです。)
b0089690_01737.jpg


バギオ市の七夕祭りは、北ルソン日本人会、日系人会である北ルソン比日基金(通称:アボン)、バギオ博物館、地元の高校生、大学生、その卒業生などで作られたコスプレ、アニメ、マンガ、ゲーム、アートの団体グループなどが協力して実施されています。

又、七夕祭りを含む日比友好月間の行事は、バギオ市の条例で恒例行事として定められていますし、日本国大使館、国際交流基金、JICA、シネマテック・バギオ、5つの有名大学などとの協力で、日本映画祭や日本関係の展示などが7月から9月にかけて開催されています。

詳しくは 北ルソン日本人会(JANL)のサイトでご覧ください:
http://janl.exblog.jp/21332028/


尚、この記事のタイトルにありますように、
バギオ市の七夕祭りは 日本一の七夕で有名な宮城県仙台市の七夕をお手本にして、仙台流の七夕飾りを地元の若者たちが作っています。
さらに、2014年からは、伊達政宗と七夕祭りの繋がりを、さまざまにイメージして、テーマとしているそうです。

b0089690_0242790.jpg


この時期にバギオに滞在される方は 参加されてはいかがでしょうか。
日本人のボランティアも募集しているそうです。



  
  
  
[PR]
by baguionihongo | 2015-06-14 00:08 | 楽しむ Enjoyment

バギオの日本食材店 : 納豆と秋刀魚もあるぞ Mother Earth Deli Basket

バギオ市には日本食材の専門店は 残念ながらまだ無いのですが、
SMバギオのスーパーと ここで紹介する Mother Earth Deli Basket に ある程度のものは売ってあります。

b0089690_17205152.jpg

このビルは バーンハム公園に隣接しているキサド通りにあって、バギオ・ミッドランド新聞が入っているビルですが、この2階に この食材店はあります。

b0089690_17225229.jpg

なごみSPAという マッサージのお店が3階にあります。
このビルの隣には シティー・トラベル・ホテルがあります。

b0089690_17252384.jpg

二階に上がると、こんな扉があります・・・
b0089690_1726219.jpg

営業時間は毎日10AMから7PMまでと書いてあります。
では、矢印の方にある入り口から入りましょう。

b0089690_1729861.jpg

お店の中は こんな感じです。
主に輸入品の食材を扱っています。
肉、ハム、ソーセージ、冷凍の魚、チーズ、ワインやブランデーなど。

b0089690_17321078.jpg

ハム、ソーセージ、チーズは なかなか充実しています。

b0089690_17343811.jpg

ナッツ類やアイスクリームもこの通り。

b0089690_1733260.jpg

ワインも かなりあります。

b0089690_1733327.jpg

日本酒は・・・「日本盛」・・だけ。

b0089690_17362330.jpg

さて、肝心の日本食材ですが・・・
ビールはキリンビール、徳利まで置いてあります。

b0089690_17383211.jpg

調味料の中には みりんが入ったものも置いてあります。
豆腐やてんぷら粉もありますね。

b0089690_17395729.jpg

こちらには 納豆まであります。

b0089690_17413766.jpg

なんと、冷凍秋刀魚がありました。
b0089690_17424100.jpg

6尾で 540ペソとなっています。

納豆や秋刀魚が欲しくなったら、このお店は 穴場ですね。

b0089690_17494156.jpg

b0089690_1750331.jpg


(2015年6月の情報です)



   
[PR]
by baguionihongo | 2015-06-04 17:19 | お食事処 Restaurant

フィリピンのバギオからさらに山岳民族の村へスタディーツアー; TALAゲストハウス

フィリピンでのスタディーツアーなら、ルソン島北部のバギオ市からさらに奥へ、山岳民族の素朴な生活を体験しに行くのもいいかもしれません。 自分を振り返り、大きな変化の契機を与えてくれるかもしれません。

b0089690_010244.jpg

b0089690_0102890.jpg


このような マニラからのスタディー・ツアーや、バギオ市から日帰りのこんなツアーも・・・

b0089690_0113445.jpg

植林の日帰りツアーです。

ツアーの主催団体は、バギオを拠点に環境NGO活動を展開しているCGN(コーディリエラ・グリーン・ネットワーク)です。

そして、そのCGNの拠点になっているのが、こちらの TALAシェア&ゲスト・ハウス。
b0089690_014108.jpg


TALAの詳細はこちらでご覧ください:
http://www.tala-guesthouse.org/

b0089690_0163593.jpg

こんな外観の 素敵なゲスト・ハウス。 自炊も出来るそうです。

b0089690_0173132.jpg

ここには、ちょっとユニークな カフェ・YAGAM が入っています。

b0089690_0183964.jpg

カフェには、 涼しく、時には寒いくらいのバギオならでは、暖炉まであって、
床の上に座り込んで 日本のようにくつろげる、落ち着いた雰囲気も・・・

b0089690_0205725.jpg

ちょっとユニークな メニューの中には stuffed tofu なるものがありました・・・

b0089690_0215929.jpg

豆腐 de サンドイッチ・・・
なかなかのボリュームで、食べ応えがありました。

b0089690_023877.jpg

いろいろなイベント情報もありました。
バギオ周辺を楽しむ あなたの拠点になるかもしれません。
   


  
(これは2015年6月の情報です)


   
[PR]
by baguionihongo | 2015-06-02 00:23 | 世界遺産&秘境World Tres

Japanese Food in Baguio フィリピン・バギオで 日本製食品なら、SMバギオのここ

フィリピンのバギオ市で 日本製の食材・食品を探すのは、マニラのようにはいかないのですが、最近は英語学校への日本人留学生や、コスプレ、マンガ、アニメ、ゲームなどで日本ブームが盛り上がっているお陰でしょうか、少しずつ日本製のものが増えてきているようです。

b0089690_1364982.jpg

ただ、日本製食品を専門的に扱っているお店はまだまだです。
SMバギオのこちらのスーパーマーケットの中で、いくつかの棚に見つけることができます。

ただ、広いスーパーで、じっくり探している暇がないということでしたら、
そのスーパーマーケットのすぐ前にこんなワインやお酒のお店があります。
b0089690_1403322.jpg

お酒が主体のお店ですが、
向かって左側に日本製食品、右側のレジの背後に韓国製食品が並べてあります。

b0089690_142829.jpg

ちょっと近づいてみますと、このとおりの品揃えです。
以前は、この一角の半分ぐらいは韓国製品が占めていましたが、
2015年5月の時点では、このコーナーの棚は全部 日本製品になっていました。
品数もかなり豊富になっています。

b0089690_1451755.jpg

お菓子の中には こんなものまで・・・

日本のものが食べたくなったら、是非一度、この店を覗いてみてください。


(2015年5月の情報です)



    
[PR]
by baguionihongo | 2015-06-01 01:47 | お食事処 Restaurant