タグ:アジア ( 3 ) タグの人気記事

ラ・ウニオン州の ビーチ・リゾート情報  北ルソンなら  ここ!

BALI HAI BEACH RESORT
バリ ハイ ビーチ・リゾート

b0089690_10432642.jpg

ラ・ウニオン州バウアンにある Coconuts Grove と Cabana ビーチ・リゾートに並んで、その北側に隣接するのが この BALI HAI ビーチ・リゾートです。

b0089690_10451025.jpg
ここは 他のリゾートに勝っても劣らない施設があり、敷地内は緑が多く、雰囲気もトップ・クラス。 

b0089690_10473831.jpg
オフィス、バー、レストランもしっかりしており、インターネットの設備もある。 結構広いプールがビーチ・サイドにあって、シーズン・オフでも大丈夫。



オフ・シーズンの6月から10月までの料金は以下の通りで、少々高めだが、朝食が含まれている。
b0089690_10494111.jpg


b0089690_1051877.jpg


b0089690_10515015.jpg
この部屋は VIPルームのコテッジの例です。
フィリピンで 二人部屋というと、ほとんどダブル・ルームを意味しますので、ベッドはひとつしかありません。 四人部屋なら ベッドは二つあります。



この辺りのビーチ・リゾートには、海老、蟹、イカなどを売りに来るおばさん達がいるので、 季節によっては美味しい海の幸を買って、バーベキューなどを楽しむのも一興かも。

バリ・ハイ・ビーチ・リゾートのパンフレットを読んでみると:
b0089690_10504191.jpg

*バー・レストランは24時間営業
*バーベキュー、ビュッフェ、ステーキ、モンゴリアン・バーベキュー、新鮮な海の幸、ドイツやインドネシアの料理など
*プールで泳ぐか、南シナ海・リンガエン湾のビーチで泳ぐか
*バンカ・ボート、フィッシング、ダイビングの手配
*日帰りツアー: バギオ、 ハンドレッド・アイランド、ビガンへの手配
*コテッジ(バンガロー)は33室、ケーブルTV、エアコン付き
*VIPルームは 電話、冷蔵庫、ミニ・バーもあり。
*ファミリー・コテッジには キッチン設備一式
*Eメール、インターネット利用可

バリ・ハイで手配しているバンカ・ボートでのトリップは:
*周辺のビーチ巡り 2時間 2名 400ペソ
*ボートでの釣り 3時間 2名 800ペソ
*スキューバ・ダイビングのスポットまで  2名 一時間200ペソ
*ハンドレッド・アイランド 1日借り切り 2名 2,000ペソ


b0089690_10512144.jpg



(バギオからのツアーについては、佐藤国際サービスにお問い合わせ下さい。)
Sato Kokusai Learning Centre, Inc., Baguio city, Philippines

(2006年6月現在の情報です。)
[PR]
by baguionihongo | 2006-06-06 10:43 | ビーチリゾート Beach

ラ・ウニオン州の ビーチ・リゾート

Southern Palms Beach Resort 
サザーン パームズ ビーチ リゾート

b0089690_2020024.jpg

このサザーン・パームズは、ラ・ウニオン州のバウアンはココナッツ・グローブに始まるビーチ・リゾートの同じ並びの一番北にあって、すでにサン・フェルナンド市になっています。 バウアンからこの一帯のビーチ・リゾートはオーストラリア人の経営のものが多いようで、このサザーン・パームズもオーストラリア・テイストのリゾートです。

6月から10月までのオフ・シーズンの一泊料金は、他と比べてリーズナブルで、ダブル・ルームで800ペソから2,500ペソになっています。 ツイン・ルームは ファミリー・ルームのみで、なんとキッチン・ダイニング付のコテッジです。 このファミリー・タイプで2,100ペソというのは格安です。


b0089690_20211618.jpg


b0089690_20224486.jpg


ここの特徴は、なんと言っても、ビーチ・フロント・ルームと呼ばれるコテッジがあることです。 他のビーチ・リゾートの中でも、ここまで海を独り占めできるコテッジはありません。 コテッジの前の専用のテラスは波のしぶきがかかってくるかのようです。
自分だけのテラスで 夕日を眺めながらワインを傾けるのは最高の贅沢でしょう。
b0089690_20232883.jpg


ここには 24時間営業のバー・レストランがあり、夜にはナイト・クラブもオープンします。 プールにはジャグジーも付いているので、海のオフ・シーズンに訪れても海以外で楽しむことが出来ます。
浜辺の散策をするのなら、ここから南に下る バウアンのココナッツ・ビーチ・リゾートまでがお薦めです。 
b0089690_20261580.jpg


このリゾート・ホテルには地元で取れた魚やイカ、海老、蟹などを売りに来ることがあり、それを買ってレストランに持ち込めば、シェフが腕をふるってくれます。また、バーベキュー設備もありますので、家族や仲間でひとときを楽しむのもいいでしょう。
b0089690_2026482.jpg


(2006年6月現在の情報です。)
[PR]
by baguionihongo | 2006-06-04 20:22 | ビーチリゾート Beach

バギオの食べ処 Restaurants in Baguio

フィリピンのマニラならば大勢の日本人がいますから高級ホテルや、日本料理店や居酒屋で ほとんど日本と遜色のない味を楽しめますが、北ルソンの高原都市であるバギオではなかなか日本人の口に合うものに出会うことはありません。

そういう土地柄ではありますが、なんとかこれなら日本人の方にも食事を楽しんでいただけるかな、あるいは、雰囲気だけでも楽しめるかな、という食事処を探してみました。

フィリピン料理

1.バリオ・フィエスタ(BARRIO FIESTA)
SMから歩いてもすぐのところにあり、タクシーの運転手にバリオ・フィエスタと言えば間違いなく連れて行ってくれます。
店の前には 大きなイゴロット族の彫像がいくつも立っていますので、すぐに分かります。
b0089690_17535291.jpg

洗練されたフィリピン料理を楽しむにはバギオではこの店がトップです。
野菜スープの淡白さを欲しくなったらホトタイ・スープ。 淡白な白身魚をお望みならラプラプの蒸し焼きがお薦めです。 ここならば 日本人好みのフィリピン料理を見つけることが出来ます。
又、このお店の上階には ホット・ポット(HOT POT)があります。

b0089690_17554069.jpg
ホット・ポットは名前の通りあったかい鍋物を食べさせてくれるお店です。
日本の鍋物とは味が違いますが、数人で炭火の鍋を囲む楽しさは ここでも同じです。



2.ゲリー・グリル(GERRY GRILL)
SMモールの最上階のエスカレーターを上ったすぐ左にあります。
b0089690_17583999.jpg

ここはフィリピンの庶民に人気のあるフィリピン料理のお店ですので、休日ともなるとお客さんで溢れています。

3.クボ・グリル(KUBO GRILL)
b0089690_17594628.jpg
ニッパハット、草葺の小さな小屋でフィリピンの雰囲気を楽しみながら料理をいただいてみたいのであれば、 レガルダ・ロードのプリンス・プラザ・ホテルの隣にあるこのグリルがいいかもしれません。

b0089690_1823465.jpg

この界隈にはパレス・ホテルや小さなホテル、アパテルもありますし、バーンハム・パークにも歩いてすぐですので、バギオ散策の後にでも夕方から行ってみてはどうでしょうか。


4.デンシオ(DENSIO‘S)
このお店は フィリピンの中で人気のお店だそうです。
SISIG(シシッグ)という ひき肉とみじん切りにした野菜を鉄板焼きにしたものが ジュウジュウ湯気を立てながら鉄板の皿で出てくる、いわゆるシズリングの料理です。 
b0089690_1843929.jpg

バギオのSMの最上階、エスカレーターを上ったら、すぐ右前方に進みましょう。
日本料理の来々軒の隣です。


韓国料理・焼肉

バギオには一説では1万人もの韓国人が暮らしていると言われています。 韓国からの英語留学は非常に盛んで、韓国人経営の英語学校がいくつもありますし、当然の事ながら韓国人向けの料理店や食材店などがあります。
ですが、日本に普通にある韓国焼肉の店をイメージしていると少々趣が異なります。
日本のような焼肉、炭火でロースやカルビを自分で焼きながら食べる、というようなスタイルはここにはありません。 炭火で焼く場合も、お店の人がお客の目の前で焼いてくれます。 あるいは、だいたい既に焼いたものが鉄板の上に載って出てきます。

5.ギン・ゴ・ガエ(GIN GO GAE)
バギオ市役所(CITY HALL)の正面階段を下った所に ハングル文字の目立つ看板があります。 韓国の食材の店も同じところにありますから、見逃すことはありません。 
b0089690_1872580.jpg

ビールなどを頼むと、たくさんの小皿にいろいろなつまみ料理が出てきますので、少人数の時には メニューから選ぶのは最低限にしておくほうがいいかもしれません。
この店のケーブル・テレビではNHKの日本語放送も見ることが出来ます。
バーンハム・パークあたりを散歩の折には、昼食に立ち寄るのもいいかもしれません。

6.ウッド・ニムフ(WOOD NYMPH)
SMモールに遊びに行ったついでに韓国料理を食べたいとおっしゃるのならば、SMの2階(半地下から数えれば3階)のバーンハム・パークと反対側の角にあるこのコリアン・レストランでしょうか。
b0089690_189395.jpg

ここの焼肉はすでに調理したものが出てきます。 料理によっては卓上コンロを使うようです。

中華料理

中華料理は世界のいたる所にあります。 バギオにも中国系フィリピン人はたくさんいますので、当然ながら多くの中華料理店があります。
ただし、日本人向けの味付けではありませんし、フィリピン料理とのミックスにもなっていますので、日本での中華麺やスープの味ではありません。
フィリピン風中華料理を楽しんでみましょう。

7.ローズ・ボール(ROSE BOWL)
バギオの地元の人に 中華料理で一番の店はどこかと聞くと、このお店が筆頭です。
ちょっと薄暗い広い店内には大きな円卓がたくさん並び、結婚披露宴や各種のパーティなどが開かれます。 出来ればグループで楽しみたいところです。
b0089690_18113518.jpg

場所は、バギオ一の繁華街であるセッション・ロードとバーンハム・パークの間にある広いハリソン・ロードにあります。

8.マン・ハン(MANN HANN)
明るくて現代感覚のおしゃれなお店の方がいいとおっしゃるのであれば、SMモールの アッパー・グランド・フロアー(半地下から数えると2階)のシズリング・プレートの並びに このお店があります。
b0089690_18122831.jpg

器などもおしゃれな感じで、中華料理の古いイメージを払拭するような雰囲気ですから、若い女性の好みかもしれません。
テラスにもテーブルが置いてありますから、バーンハムパークなどを眺めながらの食事が出来ます。


ステーキのお店

肉質にこだわって、本格的なステーキを食べたいとおっしゃるのであれば、バギオで最高級ホテルである、バギオ・カントリー・クラブ 又は ジョン・ヘイの中にある ホテル・マノールの中のレストランくらいしかありません。 当然ながらそれなりのお値段です。
ただし、バギオ・カントリー・クラブは 完全な会員制のホテルですので、会員の紹介がないと利用できません。
ここでは、バギオの人たちがよく利用するステーキ・ハウスをご紹介します。

9.シズリング・プレート(SIZZLING PLATE)
庶民に一番人気のステーキ・ハウスは このチェーン店のようです。
b0089690_2125451.jpg

セッション・ロードの中程、SMに向かって右側に こじんまりとしたお店がありますし、SMの中にも 上記の中華料理マン・ハンの近くにもあります。 バギオ市内に何店舗かを持っているようです。
下の写真は、市役所(シティ・ホール)に近い カリニョ・ストリートにあるお店の写真です。
b0089690_18172348.jpg


10.ステーキ・アンド・トッピングス(STEAK AND TOPPINGS)   
このお店は、バギオの大学生に人気のお店のようです。

b0089690_18184665.jpg
   なぜ大学生か? 貧乏な大学生でも、たまになら肉を食べられるくらい安いという
意味です。 ここの肉質は、・・・・・です。 話のタネくらいに考えて入りましょ
う。 バギオ大聖堂のすぐ隣のビルの中に小さな店舗がいくつかあります。

チェーン店ですから、あちこちにあるようです。
ここで レポーター自身が食べられるのは ハンバーグくらいでした。



日本料理

日本人も納得の日本料理を この土地で期待するのは、食材入手の困難さを考えれば 少々贅沢が過ぎるというものでしょう。 しかし、そこはそれ、少ないとはいえ日本人も住んでいますし、日本食にあこがれるフィリピンの人たちもいるわけです。 日本食はやっぱり日本人が味をチェックしているところでなければ、日本人の舌に応えることは無理だと考えるべきでしょう。 そこで、ここでは 日本人経営のお店に限定のご紹介。

11.来々軒(RAIRAI KEN)   
SMモールの最上階。 2006年の1月にオープンした日本人待望のお店です。
b0089690_18225292.jpg

   寿司、刺身、てんぷら、鍋物、ラーメン、うどん、等など、バギオに在住の日本人
が頻繁に利用する納得のお店です。

来々軒については、こちらのサイトでも チェックして下さい。


12.ちこ(CHIKO)   
<<2007年12月に閉店したようです。>>
ここは日本の居酒屋あるいはバーの雰囲気です。 小さなカウンターでは常連の日
本人がたいていビールやお酒を飲んでいます。 フィリピン人には分からないちょ
っとした酒のつまみが嬉しいところ。 英語メニューの他に、カウンターの横には
小さなホワイト・ボードが掛けてあって 日本人向けの特別メニューが書いてあり
ます。 さんまやお茶漬けなんかが欲しくなったら このお店。 
b0089690_1823564.jpg

場所は、バギオ市役所(CITY HALL)の近く。 PARADIN HOTEL(パラディン・ホテル)のすぐ前。 赤提灯が目印です。



(上記の情報は 2006年5月現在のものです。 飲食店は開店・閉店が頻繁にありますのでご了承ください。)


タイ料理

13. MUANG THAI

バギオで タイ料理のお店というのは 他には見当たりません。
バギオの中心にある繁華街からは離れたところにありますが、結構お客さんがはいっています。 
場所は、 マルコス・ハイウエイとケノン・ロードが交わるロータリーのガソリンスタンド ペトロンの二軒隣のビルの中です。 
b0089690_1138991.jpg



ビルの一階の奥に このお店があります。
b0089690_11392365.jpg


店内は 簡素ですが、落ち着いた雰囲気で、メニューを見ると 一品150ペソ前後のものがほとんどで、200ペソ以上というのはほとんどありません。
それに、出てくるお皿に3-4人分と大盛りなのが 人気の秘密なのか。
b0089690_11415511.jpg


タイ料理といえば辛いものというイメージですが、 ここでは 淡白なあっさり味の料理もありますので、ご安心下さい。

(この情報は 2007年4月現在のものです。)
[PR]
by baguionihongo | 2006-05-25 19:19 | お食事処 Restaurant