タグ:ダイビング ( 4 ) タグの人気記事

たまには スービック : 町はとってもアメリカン

バギオへの行き帰りに たまには スービックでリゾートもいいですね。

b0089690_2035468.jpg

b0089690_20361474.jpg

b0089690_20364046.jpg

b0089690_20392586.jpg


スービックは 元アメリカ海軍の基地で、今はフリーポート・ゾーンになっています。
洗練されたリゾートが期待できます。

b0089690_20381417.jpg

b0089690_20385620.jpg

b0089690_2040085.jpg


リゾートホテル、ビーチも 落ち着いた雰囲気。

b0089690_2042813.jpg


プライベート・ビーチの入場料などが書いてありますが、
レストランでの御食事だけなら入場料は不要です。

このビーチ・リゾートの隣に オーシャン・アドベンチャーがあります。

b0089690_20482510.jpg

b0089690_20491863.jpg

b0089690_20495837.jpg

だれかの顔に 似ていませんか?

b0089690_20503178.jpg

b0089690_20505872.jpg

YES, WE CAN DO IT !!! ですか??

b0089690_20514496.jpg

b0089690_205262.jpg

やっぱり イルカさんは 人気者ですね。

b0089690_20525220.jpg

b0089690_2053177.jpg


入場料は 500ペソですが、いろいろなショーが用意されていて 大人も子供も十分楽しめるところです。
ゆっくりくつろぎたい休日に、もってこいのスポットです。

スービックの中心部から このオーシャン・アドベンチャーに行く道筋には
野生の猿、鶏、イノシシ、コウモリ、などを見ることもできます。

b0089690_21384775.jpg

スービックの中心部には 立派なヨット・ハーバーが。

b0089690_2139548.jpg

b0089690_21401411.jpg

近くには こんな名所も。
そして、このゲートの隣には 「スパニッシュ・ゲート」という日本料理店が。
この日本料理店は近日中に近くに移転し「遊禅」という名前で新規開店するとのことです。

b0089690_21424385.jpg

浜辺の横を走る道路は 夜ともなると 静かで落ち着いた アメリカンな雰囲気になります。

b0089690_2144713.jpg

スービックからバギオへ向うには オロンガポまで車で10分くらい、そして
ビクトリー・ライナーのバスで 7~8時間の道のりです。


(上の情報は 2011年3月現在のものです。)


スービックの中で、日本語で安心な宿舎の情報はこちらのサイトをご参考までにご覧下さい。
http://janl.exblog.jp/11554085/
 
 
 
 
 
  

  
[PR]
by baguionihongo | 2011-03-25 20:43 | ビーチリゾート Beach

サーフィンなら ラ・ウニオン州の サン・ファン 


フィリピンの中でも サーフィンの穴場として知る人ぞ知る SAN JUAN, LA UNION ラ・ウニオン州のサン・ファン。

b0089690_19323163.jpg

バギオからなら 車で1時間半から2時間くらい。 
b0089690_19353539.jpg

サン・ファンは、アロヨ大統領もサーフィンをしに来るという話です。
b0089690_19391136.jpg

そのサン・ファンの中でも、この辺りは まだ混み合っていません。
仲間とわいわいやるには いいかもしれませんね。
b0089690_19422460.jpg

グループでの宿泊も出来ます。
元々 スイス人が個人的な別荘として建てた丸形の家を使っているそうです。
b0089690_19453542.jpg

プール、小さなバー、カラオケ、ビリヤード、
2010年からは 貸しサーフ・ボードも始めるそうです。
b0089690_19474567.jpg

このリゾートの名前は ROUNDHOUSE RESORT ラウンドハウス・リゾート。

ここの経営者の女性 セシルさん は、熱心に日本語を勉強しています。
サン・ファンから バギオの佐藤国際ラーニング・センターまで 毎日4時間ちかくの往復の時間を掛けてでも、初級日本語を勉強した努力家です。

ロウンドハウス リゾート の連絡先は こちらです
セシルさんの直通電話は 0918 250 2202 です。
どうぞご利用下さい。

道順は:

ラ・ウニオン州の州都サン・フェルナンドから北へ サン・ファンに進む。
サン・ファンの役所を通り過ぎて、ARAPAAPストアの辺りで徐行。
道路の左側に 緑色の家とピンク色の家があるので、その間の路地へ左折。
その路地の最初の右折の道に入り、そのまま道なりに 海へ向う。
正面の白い建物の壁に 上の roundhouse resort の文字があります。
メイン・ロードからは車で2~3分です。


海外サーフ・トリップ・ガイド でも紹介されているサーフ・スポットです。
[PR]
by baguionihongo | 2009-11-03 19:51 | ビーチリゾート Beach

北ルソンのダイビング教室なら ラ・ウニオンのここ

しっかりした内容のスキューバ・ダイビング教室を フィリピンで選ぶなら、もしかしたらここが穴場かもしれません。
b0089690_229403.jpg

b0089690_22114087.jpg


以前は ボラカイ島で教えていたという、元米軍所属のおじさんが オ-シャン・ディープ・ダイブの経営者だから、 レベルに合わせた一対一のトレーニングが受けられます。
b0089690_22122221.jpg


場所は、ラ・ウニオン州バウアンの ココナッツ・グローブ ビーチ・リゾート。
1週間くらいからのコースがあるようです。
b0089690_221317.jpg

b0089690_2213571.jpg


詳しくは お問い合わせ下さい。
こちらのサイトにも 少し詳しく掲載されています。
http://baguio.cocolog-nifty.com/nihongo/2006/03/post_32ba_1.html
[PR]
by baguionihongo | 2006-05-28 22:08 | ダイビング Diving

フィリピン 北ルソン ビーチ・リゾート San Fernando & Bauang, La Union



マニラから北へ250キロばかり車で走ると、リンガエン湾に沿って、北ルソンの代表的ビーチ・リゾートであるラ・ウニオン州のバウアンとサン・フェルナンドがあります。
まだ日本人には馴染みの薄いここには、外国人経営のビーチ・リゾートも多く、外国人リタイア組が集う場にもなっています。 


アカプルコ・ビーチ ラ・ウニオン La Union

b0089690_22391286.jpg

サン・フェルナンドの空港のすぐ近くにあるこのアカプルコ・ビーチは、その南にあるバウアンがもっぱら外国人が多いのに対して、今でも地元の人たちだけが使っているビーチで、その広い白い砂浜はまだまだ外国人にはあまり知られていない。 ここには、意外なことに以前はボラカイでダイビングのガイドをやっていたという日本人女性が、ダイビングのインストラクターをしているご主人と一緒に海の案内をしてくれる。

b0089690_15141963.jpg

b0089690_15153229.jpg



アカプルコ・
ビーチでは、

海水浴とシェードでの
バーベキューを
楽しみ、

バンカー・ボートでの
ボーティングや
シュノーケリングの
手配が出来る。







b0089690_14592261.jpg


ホワイト・サンド・ビーチ La Union
b0089690_1514365.jpg
アカプルコ・ビーチの砂浜からバンカー・ボートに乗って約15分。 青い海の濃淡を楽しみながら、海の荒い時にはダイナミックなボートのジャンピングで歓声を上げる。 右手に米軍の施設が並んでいるのを眺めながらボートが進むと、両サイドを岩場に囲まれ、背後には切り立った崖。 そこにプライベート・ビーチとなっているホワイト・サンド・ビーチが現れる。 ここではガイドの案内でシュノーケリングのスポットを探してみよう。

b0089690_1505192.jpg

天候などの事情でホワイト・サンド・ビーチでのスポットが見つからない時には、海上でのスポットも案内してもらう事が出来る。



ココナッツ・グローブ ビーチ・リゾート 
COCONUT GROVE BEACH RESORT
b0089690_1561086.jpg

バウアンにある外国人の多いビーチ・リゾートのひとつ。 比較的大きいプールがあり敷地内にあるスキューバ・ダイビングの OCEAN DEEP DIVEが初心者向けの講習にも使っている。 レストラン兼ダンス・ホールでは、夕方5時頃からかなりの音量で若者向けの音楽が流れていたが、土曜日夜8時過ぎには女性ボーカルの生演奏が入ってジルバやルンバなど社交ダンスが始まった。 ローン・ボーリング・コートでは、外国人のリタイア組と見えるグループがプレイに興じている。 活動派向き。

b0089690_1531625.jpg

ホテル施設は比較的新しく、ダブル 1,320ペソから ファミリー 2,090ペソまでの宿泊料金。(ただし、シーズンなどにより異なります。)
干潮時にはホテルの前のビーチでも泳げるが、満潮時には波が岸壁で砕ける。
ホームページ www.coco.com.ph


カバニャ ビーチ・リゾートCABANA BEACH RESORT

ココナッツ・グローブのすぐ近くにある。 施設は古いが居心地の良さがポイント。 
小さめのひょうたん型のプールがある。 常連の外国人はもっぱら波の音を聞きながらバー・カウンターでスポーツのテレビ放送を楽しんでいる。 夜には生演奏も入るが、ココナッツ・グローブの派手さに比べて、静かにゆったりと大人の時間を楽しむ空間になる。
リラックス・癒し系。

b0089690_15575.jpg

宿泊料金は、ピーク・シーズン中で、シングル/ダブル 1,495ペソ、ツイン 1,640ペソ、 デラックス 2,050ペソくらい。
ホテルの前では、少しだが浜辺もあり、朝の海水浴はすがすがしい。
ホームページ www.sflu.com


(上記の情報は 2006年5月現在のものです。)
[PR]
by baguionihongo | 2006-05-02 23:33 | ビーチリゾート Beach